« エスカ&ロジーのアトリエ [5] | トップページ | ポケモン ブラック・ホワイト2[2] »

2014年1月30日 (木)

ポケモン ブラック・ホワイト2[1]

2012年6月23日発売、ブラック・ホワイトの続編です。
当時はペルソナ4や世界樹4など目白押しだったうえ、他シリーズの相次ぐ続編発売に辟易していたこともあり、なんとなく見送っておりました。
ポケモンXが面白かったので、プレイすることに。
易しいXのぬるま湯に浸っていた私は、ひとつめのジムで大苦戦。でも、ジム戦とは確かにこういうものでした。
緊張感が楽しいです。

以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

主人公は女の子で。
ヒオウギシティからはじまります。

アララギ博士の助手になったベルから、ポケモンと図鑑をもらって旅に出ることに。
ブラックの時はミジュマルを選んだので、今回はポカブにしました。
8回目で♀が。
近所のお兄さん、ヒュウもベルから図鑑をもらいます。
ヒュウには何か目的があるらしく、それを主人公に手伝ってもらいたい様子。
試す、と言われて勝負になりました。
ヒュウの手持ちはミジュマルです。
先攻をとれたので、勝てました。

ヒュウは先に行ってしまい、主人公はベルにポケモンセンターを案内されます。モンスターボールを10個もらい、ポケモンセンターを出たらママがランニングシューズをくれました。
ヒュウの妹がタウンマップをくれて、もうひとつをヒュウに渡してほしいと言います。
タウンマップを見てみたら、ヒオウギシティはイッシュの左下に位置していました。
ベルはポケモンの捕まえ方を実演して見せてくれてから、去っていきました。

ポケモンセンターに戻って、パソコン前の少年に話しかけたら、Nの映像が流れました。
電気石の洞窟で、Nがポケモンを逃がしています。
チャンピオンを超えて英雄になり、世界を変える、とN。
前作主人公の存在がNを迷わせているようですが、いずれ雌雄を決するつもりのようです。

19番道路へ。
チョロネコ、ミネズミをゲット。
アデクが現われて、鍛えてやるからついて来いと言われました。

サンギタウンに着くと、アデクが待っています。
が、先にヒュウにタウンマップを渡してこいと言われ、20番道路へ。

20番道路では、マメパト、ヒマナッツ、クルミルをゲット。

サンギ牧場にヒュウがいました。
タウンマップを渡しにきただけなのに、勝負をふっかけてきました。ミジュマル一体しか持っていなかったこともあり、難なく勝てました。
牧場のオーナー夫妻がやってきます。いなくなったハーデリアを探しています。
なぜか色めきたったヒュウと共に、牧場内を探すことに。
ヨーテリー、ルリリ、コダック、メリープ、リオルをゲット。
奥で、プラズマ団がハーデリアを捕まえようとしていました。主人公に見咎められたプラズマ団は、わざマシン21「やつあたり」を投げつけて逃走。
ハーデリアは無事保護されました。
ヒュウは、ポケモンがいなくなることに過敏です。以前なにかあったと思われます。

サンギタウンで待っているアデクの所へ。
アデクは、成長した主人公を見て気が変わります。
建物の中で、塾帰り2人と勝負。
勝って外に出たら、メダルおやじがメダルボックスをくれました。
ヒオウギのジムに、ジムリーダーが着任した、とアデク。さっそく行ってみることに。

ヒオウギシティふたたび。
ジムリーダーはチェレンでした。
トレーナー2人をリオルLv10で倒して、チェレン戦。
出してきたのはミネズミLv11、ヨーテリーLv13だったのですが、ふるいたてるという技で攻撃力をさんざん上げてから体当たりしてきます。これで、当方の手持ちはことごとく沈んでしまいました。
作戦を変えて仕切り直し。
メリープで麻痺させて、マメパトでひたすら相手の攻撃を下げます。
下げきったところでリオルに替えて、なんとか押し切りました。
ベーシックバッジをもらい、レベル20までのポケモンが言うことを聞くように。
わざマシン83「ふるいたてる」入手。
ジムを出たら、ベルがわざマシン27「おんがえし」をくれました。
C-GEARが使えるようになったので、ブラックから、がくしゅうそうちとしあわせタマゴを持ってきました。ヨーギラスも連れて来てみました。

次のジムがあるというタチワキシティに向かいます。
サンギシティを出ようとしたらベルが来て、ポケモン図鑑をパワーアップしてくれました。
立ちふさがる山男を倒して、20番道路の先へ。
チェレンとヒュウが追いついてきて、色の濃い草むらについて説明してくれました。
フシデをゲット。

タチワキシティへ。
ここのジムリーダーはホミカという女の子で、毒ポケモン使いらしいです。
そのホミカが、父親と言い争っている場面に遭遇しました。
船長とムービースターをかけ持ちすると言い出した父親に、船が動かないと皆が迷惑する、と怒っているようです。

タチワキコンビナートに行ってみました。
ガーディ、ブビィ、コイル、マタドガスをゲット。
現場監督に頼まれて、新人作業員3人と勝負。
3人に活を入れると、監督がわざマシン94「いわくだき」をくれます。
わざマシン46「どろぼう」を拾いました。

タチワキシティのジムに挑戦です。
トレーナーたちは、コイルLv14で倒しました。
ホミカ戦。ドガースLv16、ホイーガLv18を出してきましたが、コイルとヨーギラスで勝てました。
トキシックバッジをもらい、レベル30までのポケモンが言うことを聞くように。
わざマシン09「ベノムショック」を入手。

ジムから出たら、ポケウッドのスカウトマンにスカウトされました。
ホミカは、父親に船長の仕事をさせると言って出ていきました。

ポケウッドへ。
なんと主人公を主人公にした、映画撮影ができるそうです。
ホミカの父が出演した作品を見せてもらいましたが、物悲しい結末でした。ホミカ父は、本業に戻ると言って帰っていきました。
撮影スタジオへ。
ハチクと共演して、レンタルポケモンで撮影開始。台本通りに行動すれば間違いないようです。
仕上がった作品、ハチクマンvsリオルガールを見てみました。大ヒットしたそうです。
撮影所に行くと、新しい台本がいくつか増えていました。
その中から、「魔法の国の不思議な扉」を撮ってみました。これまた大ヒットしたようで、なんと脚本家が続編を書いたそうです。2が撮影可能になっていました。
けっこう楽しかったので、いずれまた撮りに来ようと思います。

タチワキシティの船乗り場へ行こうとしたら、プラズマ団が道を塞いでいました。
ホミカ、ヒュウもいます。ヒュウはプラズマ団に恨みがあるようです。
プラズマ団を倒すと、ホミカがお礼に秘伝マシン01「いあいぎり」をくれます。
逃げ出したプラズマ団を追って、20番道路へ。
見つけて倒すと、海があるところへ、と言ってまた逃げました。どうやら船で移動しているようです。
どうしてもプラズマ団を追いたいというヒュウの気迫に押されて、ヒウンシティへ行くことに。

船でヒウンシティに到着。
いかにも怪しげな黒い帆船が停泊しています。
街に入るなり、自転車をもらいました。
ここは何本も道があり、道沿いに似たような建物がずらりと並ぶ分かりにくい街です。
ゲームフリークがあったり、ショウロとマコモがいたり、おまもりこばんをもらったり、もくたんが落ちていたり、わざマシン44「ねむる」、70「フラッシュ」をもらったり。
ヒウンアイスは1ダース買ったら売り切れました。
4番道路の入口では、ベルがダウジングマシンをくれました。

ヒウンシティのジムに行ってみましたが、ジムリーダーのアーティは留守。
代わりにアイリスが来て、怪しい人ならこっちだよ、と下水道への入口を教えてくれました。
勢い込んだヒュウがさっさと入ってしまったので、追おうと思います。

« エスカ&ロジーのアトリエ [5] | トップページ | ポケモン ブラック・ホワイト2[2] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エスカ&ロジーのアトリエ [5] | トップページ | ポケモン ブラック・ホワイト2[2] »

カテゴリー