« 世界樹の迷宮4 伝承の巨神[8] | トップページ | 世界樹の迷宮4 伝承の巨神[10] »

2012年7月19日 (木)

世界樹の迷宮4 伝承の巨神[9]

気球が超高空を飛べるようになりました。
良い気分で飛んでいたら、至近距離にドラゴンが出現。必死で逃げました。
でも、高い空を飛ぶのは爽快なので、懲りずに空中散歩しようと思います。

以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

・第3大地 銀嵐の霊峰(続き)

金剛獣の岩窟B3Fを、キバガミと共に進みます。
B2Fからのショートカットも見つけて、より行きやすく。
ほどなく、C-6にボス・ホムラミズチの部屋を発見。ですがここに至るまでに灼熱のウロコにぶつかりすぎて、パーティーは消耗しきっていました。
どうしたものかと思いつつ、中へ。
室内はウロコだらけで、持っている氷の棒では足りそうにありません。
これは仕切り直しか、と思いつつ歩きだしてみると。
右側に扉があり、その先にショートカットがありました。氷の棒も生えていました。
一旦タルシスに戻って回復し、あらためてボス部屋へ。

ウロコの山が中央付近にあり、これを壊さないと勝負にならないそうです。
この山を壊すため、周囲を囲むウロコを一つずつ消していくことに。
ホムラミズチに追われつつ、一つ消しては小部屋に戻り、を繰り返し。
ようやくウロコの山を壊し終えた時は満身創痍だったので、ここでまたタルシスに戻りました。

ホムラミズチ戦です。
見かけどおり氷が効くので、とにかく氷属性で攻撃。
途中で投げてくるウロコは、放っておくと炎を反射して大変なことになるので、氷の聖印で凍らせて封じました。氷の棒でしか破壊できず、貴重な攻撃手段をこんなことに使いたくはなかったので、ずっと凍らせたままにしておきました。
ボスらしくHPの多い相手でしたが、バーストスキル・アイスコフィンをルーンマスターに使ってもらったら、600超のダメージを与えてくれました。
当方レベル39で、時間はかかりましたが勝てました。

勝ってホッとしていたら、またしてもワールウィンドが登場。
巨人の心臓と呼ばれる、拳大の赤い宝石を入手。キバガミはこの時点で離脱します。
いつもならここにあるはずの石板が見当たらずに右往左往していたら、ワールウィンドが含みのある言葉を残して立ち去ります。本当に怪しい人です。

イクサビトの里へ行く前に、D-7の左上部分で迷子の兵士を見つけました。
そういえば以前、この兵士を探している兵士隊を見たことがあります。
仲間がいる場所を教えて、イクサビトの里へ。

巫女に心臓を渡すと、巫女はイクサビトの子の病を次々と治していきました。
喜びにわき立つイクサビト。宴がはじまります。
そんな中、ワールウィンドと巫女が行方不明になります。ワールウィンドが巨人の心臓ともども巫女を連れ去ったのです。
ワールウィンドを追うために、キバガミが気球に乗りこんできます。

ともかくタルシスへ。
ミッションを報告し、キバガミから戦用意の杯と武士心得ノ事を貰いました。
ギルドでモノノフが登録可能に。キバガミも登録されました。
ミッション達成の報酬経験値で、全員レベル40になりました。

外へ。
石板はありませんでしたが、ワールウィンドのものと思しき気球が境界にいました。
どうやらこちらがホムラミズチと戦っている隙に、こっそり取っていったようです。
後を追います。

・第4大地 絶界雲上域

新しい大地に着くや、見慣れない気球艇が3隻、行く手を阻みます。
説明するから辺境伯を連れてこい、と言われて戻ったら、その辺境伯に護衛を頼まれました。
気球に4つ装備品を付けられるようになりました。
会談する場所は、小迷宮「南の聖堂」とのこと。

小迷宮「南の聖堂」
入ってすぐ、ワールウィンドが現われました。ぼさぼさだった髪をオールバックになでつけて黒い鎧を着て、大きな剣を背負って別人のようです。
続いて現われたのは、帝国の皇子バルドゥール。
バルドゥールと辺境伯は2人で扉の向こうへ行ってしまい、後に残ったワールウィンドから事情を聞かされました。
帝国とは、かつて世界中の麓に住んでいた人間の末裔だそうです。
ワールウィンドの本名はローゲル。代々皇帝に仕える帝国騎士で、10年前に気球艇が墜落して以来、冒険者として活動しつつ、使命を果たす機会をうかがっていたそうです。
使命とは、巫女と心臓と冠を持ち帰ること。
帝国の問題を解決するために、その3つが必要だったのだとか。

ワールウィンドについて、責める・問い質す・共感を示すの選択肢、問い質すを選びました。

やがて、辺境伯が怒った様子で戻ってきました。
帝国との交渉は決裂。
帝国がしようとしているのは、巫女を犠牲にし、ウロビトやイクサビトを殺して理想郷を手に入れること、だそうです。
皇子の命令で辺境伯を拘束しようとしたワールウィンドと戦うことに。
ワールウィンドは砲剣士でした。
苦戦を覚悟しましたが、ワールウィンドはロクな攻撃を仕掛けてこず、しかもちょっと削っただけで逃げてしまいました。
木偶ノ文庫へ来い、止めてみせろ、と言い置いて。
辺境伯と共に、一旦タルシスへ戻ります。

辺境伯が、交渉の内容を教えてくれました。
帝国は土地が荒れ果て作物が育たないので、世界樹の力で大地を浄化しようとしているそうです。けれど、副作用として巨人の呪いが広範囲に発生し、大勢を死に至らしめる、と。
木偶ノ文庫に囚われている巫女を救出するため、気球艇をもっと高く飛ばす必要があります。
小迷宮「風止まぬ書庫」にある、黒き者の炎があれば、気球艇を高く飛ばすことができるそうです。

小迷宮「風止まぬ書庫」
風に押し流されつつ進みます。
C-3に、目当ての黒き者の炎が。
そこにいた兵士から、木偶ノ文庫の周囲は帝国軍の艦隊が囲んでいるという情報を得ます。

タルシスへ。
統治院に入るやいなや、巫女救出ミッションが発令されました。
木偶ノ文庫を囲む帝国軍は、ウィラフとキルヨネンが陽動してくれるそうです。
港長が、全ての気球艇を、超高空を飛べるように改造してくれました。

突入、の前にクエスト。
網いっぱいの魚を獲ってきて、宿屋の預り枠が70に増えました。

小迷宮「南の聖堂」に、辺境伯の落とし物を探しに行きました。
転がるカフスボタンを追いかけて、A-2を起点に迷宮を一周。もたもたしていると最初からやり直しになってしまいます。
ようやく追いついたら、そこでカメレオン戦。強くて勝てず、やむなく保留に。

小迷宮「風止まぬ書庫」A-3にて、阿天の根を伐採して届けました。

小迷宮「凍てついた地底湖」、中央の台座に火を灯し、氷の壁をとかして、C-1にて古代生物の翼片を入手。
同じところに、ハンマー・頭蓋割りがありました。

アイスシザーズに挑戦。レベル41でけっこう楽勝でした。
凍てつく大鎌をディランに渡しました。

森の廃鉱の狒狒に再挑戦。しましたが、勝てませんでした。
回復要員のボールをさっさと倒せるようにならないと難しそうです。

さて、巫女救出のため木偶ノ文庫を目指します。
ウィラフ、キルヨネン両名に声をかけ、陽動を依頼。
自分はキルヨネンの数歩後をついて行き、敵がキルヨネン機にくいついている隙に迷宮の上空へ。
あとは、周りを周回している太古の門番にぶつからないように降下すれば木偶ノ文庫に入れます。
とりあえず磁軸でセーブ。
ゆっくり探索しようと思います。

« 世界樹の迷宮4 伝承の巨神[8] | トップページ | 世界樹の迷宮4 伝承の巨神[10] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界樹の迷宮4 伝承の巨神[8] | トップページ | 世界樹の迷宮4 伝承の巨神[10] »

カテゴリー