« テイルズ オブ エクシリア[4] | トップページ | テイルズ オブ エクシリア[6] »

2011年9月15日 (木)

テイルズ オブ エクシリア[5]

本編第一部を終了しました。
パーティメンバーも全て出揃い、誰を戦闘に出すか迷います。
しかもこの人たち、出さないでいると、フィールドでも戦闘画面でも出せ出せとアピールしまくります。
とりあえず主張した順に出しています。

以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

・不整合大地バーミア峡谷
クレインと領民を助けに行きます。
アイフリードの宝、いぬしっぽ(黒)と鉢金を入手。
納品して失ってしまった毒針が、たくさん拾えました。
イル・ファンにあったのと同様の装置で、マナを吸い出されているクレイン達を発見。
頂上に登って上から装置を破壊することに。
登って飛び降りてを繰り返して、頂上に到達。中に突入、ボス戦です。
リンクをつなぎ換えて、共鳴術技を連発して勝ちました。
ボス、名も無き変異体は、微精霊の集合体でした。
救出した皆を連れて、カラハ・シャールへ戻ります。

・うずまく陰謀
イル・ファンへ行くにはガンダラ要塞を抜けなくてはなりません。手の者を潜ませて、手引きさせるとクレイン。手配が整うまで滞在することに。

・サブイベント「影のある女」(続き)
拾った毒針を届けに行きます。恋のおまじないに使うそうです。
ヘアピンを入手。

・サブイベント「ハ・ミルの人々」
頼まれているフルーツ類が手に入らないものかと行ってみたら、イベントが起きました。
ジャオは、昔飢饉の時に年貢を免除してくれた恩人なのだそうです。

・サブイベント「世界の形」
大風車の観測をしている学者の手伝いを頼まれます。バーミア峡谷の頂上で調査用精霊術を展開してきて欲しいそうです。
前回行った時に上から岩を落として、登り口を塞いでいた岩を壊しておいたので、上に登るのは楽でした。
報告してムーンストーン入手。

・サブイベント「峡谷の謎」
大空洞に行ったら発生しました。
ラ・シュガル王ナハティガルは、微精霊とマナと組み合わせて何かを生成しようとしていたようです。

シャール家で一泊。
ジュードはローエンに、この家でエリーゼを引き取って欲しいと頼みます。
翌朝、要塞の手配状況を確認しにローエンを向かわせることに。
ドロッセルがエリーゼとミラを買い物に誘い、女性陣は街に繰り出します。
クレインは、この幸せを守るために、と、王に反旗を翻すことを決意。
その矢先、兵に狙撃されてクレインは死んでしまいます。
同時に、軍が街に侵攻を開始します。まだ街にいるミラたちを探しに行くジュードたち。
彼らの目の前で、ミラたちは兵士に連行されてしまいます。
ローエンが言うには、一連の事件はナハティガルの独裁体制を固めるためのものだそうです。
ミラたちが連れて行かれたのはガンダラ要塞だろう、とローエン。取り返すチャンスは今夜だけです。

・要塞潜入
タラス街道からガンダラ要塞を目指します。笑いメガネを入手。
内通者に中に入れてもらい、エレベーターのキーをもらいました。
捕まった3人は2階にいますが、拘束具をなんとかしないと呪環を通った際に爆発してしまうそうです。解除キーを探すより、制御装置そのものを壊した方が早いとローエン。
馬車の奥の扉の向こうに、01制御室と書かれた部屋があります。施錠されているので入れませんが、ここが制御室と思われます。
4階のエレベータ隣の部屋に入り、箱を動かして登り、向こう側へ飛び降ります。2階まで落ちます。
部屋の端に昇降機があるので、乗って3階へ。3階にある箱を昇降機で降ろします。
箱を動かして上に登り、排気ダクトを通って隣の部屋へ。
ここにも昇降機があるので、3階へ。ダクトを進みます。
出たところで戦闘。制御室の鍵が手に入ります。
01制御室に入ると、イベント。
ミラがナハティガルに斬りかかりますが、まるで相手になりません。あわやというところをローエンが止めます。ローエンは、教科書に載っているような高名な軍師でした。
立ち去るナハティガルを、単身ミラが追います。
ジュードたちが追いついた時には、ミラは瀕死の重傷を負っていました。
要塞のゴーレムが起動。ジュードたちは馬車で逃走します。

・力ある者だからこその義務
懸命な看病の甲斐あって、ミラは峠を越えます。
アルヴィンにその事を知らせるために街へ出るジュード。宿屋にいたアルヴィンは、女性と話をしています。
新しい依頼主だ、とアルヴィン。ここでお別れです。
ジュードが屋敷へ戻ると、ミラの意識が戻っていました。が、歩くことができなくなっていました。
それでも進もうとするミラに、昔、自分の父が足の動かなくなった人を治したことがあるとジュード。
ミラを、ジュードの故郷、ル・ロンドへ連れて行くことに。
ローエンとエリーゼはカラハ・シャールにとどまります。

・二人きりの道
戦闘可能なのはジュードだけですが、なんとかなりました。サマンガン街道の検問は解除されていたので、サマンガン海停はけっこう近かったです。
今の自分は食事を作ることも寝床を整えることもできない、と言うミラに、ずっと僕がやってあげる、とジュード。お礼にミラのペンダントをもらいます。
途中、魔物がミラの乗っていた馬を逃がしてしまったので、ジュードが背負っていくことに。
サマンガン海停に着くと、巫子イバルが追いついてきます。
医者には自分が連れていく、と剣を突き付けてくるイバルに、それでもいいけど僕も行くとジュード。
イバルと戦闘に。楽勝でした。
ミラは、イバルにクルスニクの槍の起動キーを預けます。それを持ってニ・アケリアへ戻れと言われ、イバルは渋々承諾します。

・再会と試練
船でル・ロンドへ。
車椅子に乗って遊んでいる幼なじみ、レイアと出会います。すぐ治療院へ行くことに。

・サブイベント「鉱物コレクター」
宿の2階にいる男に、石英の塊を頼まれました。

ジュードの実家、マティス治療院へ。
父母ともに医者です。母親は比較的話が分かりそうですが、父親の方は我が子の話にも聞く耳を持たない雰囲気です。
父は、ミラの足は治療できないと断ります。医療ジンテクスの治療は患者の負担が大きく、並みの人間には耐えられないという理由です。
ジュードは自力でなんとかすることに決め、資料室へ。そこへレイアが昔のカルテを持ってきてくれます。医療ジンテクスの保管場所も教えてくれます。
さっそくミラに試してみますが何も起こりません。
要である「精霊の化石」は、採掘してすぐ使わないといけないようなのです。
精霊の化石を採るために、フェルガナ鉱山へ行くことに。
レイアが加入します。ジュードともにレベル23です。

・闇の奥で輝く光
フェルガナ鉱山では採掘ができます。岩を砕くほか、壁に穴をあけて通路を開くこともできます。○ボタンを連打しすぎて、いささか疲れてしまいました。
ハーフフレームメガネ、リュックサック入手。
奥で、精霊の化石を頭につけたハンマーズァームと戦闘。
何度もふっ飛ばされつつ勝ちました。
頭から精霊の化石を取りましたが、ジュードとレイアは復活したハンマーズァームに襲われてしまいます。
2人を助けたのは、自力で医療ジンテクスに化石を取り付けたミラでした。
3人で戦闘。共鳴術技の種類が多いミラとリンクして戦いました。ミラが一度戦闘不能になりましたが、勝てました。
ミラは消耗、車椅子の上で眠ってしまいました。

ここまでで本編第一部終了です。けっこう長い気がします。
では、ル・ロンドへ戻ります。

« テイルズ オブ エクシリア[4] | トップページ | テイルズ オブ エクシリア[6] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テイルズ オブ エクシリア[4] | トップページ | テイルズ オブ エクシリア[6] »

カテゴリー