« ラストストーリー[7] | トップページ | 逆転検事2[1] »

2011年2月12日 (土)

ラストストーリー[8]

クリアしました。
適度に歯ごたえのある戦闘、いつの間にか温かい気持ちになっているストーリー、皆が皆印象的な登場人物。
心に残るRPGでした。

以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

ザングルグはカナンに流れるアルガナンの血を使って地下遺跡の奥へ。追って、エルザたちも奥へ。
ラストコクーン戦。
途中で幻覚が入り、敵と間違えて仲間を倒すことになってしまいます。どうにかならないかと走り回ってみましたが、倒さないと進まない様子。
白い世界で、獣の姿をしたラストコクーンと戦います。敵は外周を走り回った後柱の上に登るので、魔法で柱を壊し、落ちたところを攻撃。
HPを半分まで削ると元の世界に戻れます。
改めてラストコクーン戦。
天井に剣がぶら下がっており、真下には祭壇があります。
祭壇の床にcanonを叩きつけてひびを入れ、ギャザリングで敵を誘導。敵は床を踏みぬいて、以降その場を動かなくなりました。
剣を魔法で落としてもらい、テンション技で総攻撃。
最後はAで登って攻撃したら勝てました。

進むとベリトが3体出てきました。以前、地下牢で飼われていた魔物と同じです。
あの時は一体でも苦戦したのに、と思っていたら、やっぱり瞬殺されました。
はじめて、白いサークルを探して戻るということを意識しました。
本物が見つかったタイミングでテンション技を当て、なんとか勝ちました。

この後パーティが三分割。
エルザ+マナミア組、セイレン+ジャッカル組、そしてユーリスは単独です。
セイレンの操作はエルザとさほど変わらなかったのでなんとかなりましたが、ユーリスはAで魔法スタート、カウント終了後Aで魔法発動と、慣れない動きであたふたしてしまいました。しかも左スティックで狙いをつけなくてはなりません。焦って何度も空振りました。

エルザ+マナミア組はゼーシャと対戦。
緑バリアはマナミアのフォレストで解除できましたが、じきに赤バリアを張るようになります。
タイミングよくユーリスが加勢に来てくれて、バリアを解除。
もうしばらくするとセイレンとジャッカルも加わってくれますが、敵の攻撃力がすさまじく、うっかり食らうと一撃でライフが減ってしまいます。
いっそのこと攻撃は他のメンバーに任せて、ギャザリングで敵を引きつけつつガードと回復に徹しました。

ゼーファを倒しはしたものの、呪いによって敵が無限に湧いてきます。
しかもジャッカルがセイレンを庇って戦闘不能に。
皆が、ここは任せて先に行けと言ってくれたので、ライフがギリギリだったこともあり、一目散に逃げ出しました。

一人でおっかなびっくり通路を進んでいくと、ようやくセーブポイントが。
扉を開けると、カナンが倒れています。
ザングルグ戦。一対一です。
ガード斬りを一回しか当てられずに、負けてしまいました。
このままではどうにもならないと思い、ダメもとでサモンサークル使用。これが思いがけず有用でした。出てくる敵は弱いのに、一回勝つとレベルが1上がります。
私はアクションが下手なんだからやせ我慢しても仕方ないと思い、56だったレベルを68まで上げました。68まで上げたら、急に経験値が入らなくなりました。

これが推奨レベルかなということで、腹をくくってザングルグと再戦。
カウンター一回で勝てました。

カナンを助け起こして、本気のザングルグと対戦です。
ドアを開けると仲間たちがなだれ込んできて加勢してくれます。
そのままだと攻撃が通りませんが、ザングルグが投げてきた武器を拾って使うと有効でした。テンション技を連発して勝利。
ザングルグはあきらめず、自分の腕をもぎ取って異邦のものの元へ向かわせます。

腕を追うエルザたちの前に、クォークが立ちふさがります。
腕を破壊し、力を手に入れるクォーク。はじめから、異邦のものの力を手に入れたのが自分だったら良かったのに、と言い捨てて立ち去ります。

クォークを追う前に、サモンサークルでレベル上げ。
エルザは68からそう簡単には上がりませんが、他のメンバーは56から62に。
ここではじめて、ジャッカルがついてきていないことに気づきました。あのまま息絶えてしまったということでしょうか。

クォークは、世界を変えるために力が欲しかったのだそうです。
グルグ族と内通していたのはクォークでした。
トリスタ将軍を殺したのもクォークでした。家族を殺した騎士たちを率いていたのが、トリスタ将軍だったのだそうです。

クォーク戦。
第3形態までありました。
第1,2形態は、手強いながらもそこまでの脅威ではありませんでした。
が、第3形態。一撃死させられるわ、掴まれて投げられるわ、ライフがみるみる減っていって生きた心地がしませんでした。
TPゲージが溜まり次第すぐテンション技を発動、特に古の障壁とリバイブにはお世話になりました。
とにかく死なないように気をつけて、じっくり時間をかけて倒しました。
最後は皆の指示通り、ブロックを登って上から飛び乗って、とどめを刺しました。
いいかげん疲れていたうえコントローラも汗で滑る状態だったので、登るのにたいへんな時間がかかってしまいました。

脱出します。
ゼーシャ戦のあったところで、ジャッカルが倒れています。こいつも連れていく、とセイレン。
と、異邦のものの力がジャッカルの身体に吸い込まれ、ジャッカルは蘇生。
マナミアは、クォークの気配を感じたと言います。
全員で脱出。地上へ出ます。

星見の塔で星送りの秘術を行い、異邦のものはエルザたちに感謝しつ宇宙へ帰っていきます。
人間とグルグ族は、協定を結び共存していくことに。
ルリの街にも、協力し合う人間とグルグ族の姿が多く見受けられます。

はじめて畑に行くことができました。
苗や肥料、手に入れるたびにどうすればいいんだと思っていましたが、ここで使うものだったようです。
苗を植えて肥料をやってみましたが、収穫している暇はあるのかどうか。
クワなども持っていますが、使いどころはどこだったのでしょう。

街でロッタに話しかけたら、リザードの洞窟へ行くことに。
尋常でない瘴気が漂っています。
奥で、クラーケンと戦闘。藤色に光っていて、戦いづらかったです。

タシャがトリスタの墓前で待っていると言われ、行ってみました。
手合わせで一騎打ちです。
ガードして攻撃して、ギャザリングバーストで動きを止めて、コマンド入力も成功させて勝ちました。
タシャは帝国に戻るそうです。

カナンの部屋の絵を注目すると、両親の墓参りをすることに。墓前であらためて結婚の誓いをしたいとエルザは言いますが、いまやそこは魔物の温床になっているとか。
2人でリザードを倒しつつ奥へ。
蜘蛛が出ますが、外から攻撃するより、あえて食べられて中から攻撃する方が効いたようです。
あとを追ってきた仲間たちに見守られて、墓前で結婚の誓い。
むしろ、エンディングよりこちらのイベントの方が力の入った演出だったような。

城門広場入口で待っているジャッカルに話しかけると、エンディング。
クォークの墓に全員が集まります。彼はラスボスでしたが、愛すべきリーダーでした。
エルザはカナンにより、今度こそ騎士の位を授けられます。
エンドロール。

プレイ時間32時間、エルザのレベルは上げまくった68。
達成感があって後味の良いゲームでした。プレイして良かったです。

« ラストストーリー[7] | トップページ | 逆転検事2[1] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラストストーリー[7] | トップページ | 逆転検事2[1] »

カテゴリー