« ラストストーリー[6] | トップページ | ラストストーリー[8] »

2011年2月10日 (木)

ラストストーリー[7]

ストーリーが佳境に入り、まさにノンストップの様相を呈しています。先が気になってしかたありません。
が、ボス戦で容赦なくGAME OVERになり、足止めをくらってしまうという。
でも、倒された時の絶望感より倒せた時の喜びの方が大きいので、リトライしまくりつつ進んでいます。

以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

大広間にいたのはクォークでした。
トリスタ将軍殺しでジルが捕まった件については、やはり何か仕組んだようです。エルザの夢を叶えるためのようですが、それだけではないような気も。

ルリ島はいよいよグルグ族の大陸に到達。
エルザ達も突入しますが、中には女子供しかいません。
盗賊さながらに略奪を繰り広げるルリ騎士たちに、エルザは嫌悪感を募らせます。
グルグ族の女性の話によると、こちらの大陸も荒廃しているそう。今回の争いは、大地の荒廃がもたらしたものだったのです。

グルグ大陸を制圧したアルガナン伯爵は有頂天です。エルザを騎士に叙任し、カナンの婿にする、と宣言します。
浮かない顔のエルザに、全てが叶ったのに何が不満なんだとクォーク。

城のどこかから聞こえてくる歌声に導かれ、エルザは中庭から地下最深部へ。
そこには、同じく歌に引かれたカナンも来ています。
トリスタ将軍からもらった勲章が鍵になり、扉が開きます。
タシャも加わり、3人で下へ。
階段の途中で、やたら動きの速い球体が襲ってきます。剣を振っても届かないし、魔法使いはカナンしかいないし、途方に暮れました。
詰むかと思いましたが、GAME OVERの後、アドバイスどおりギャザリングバーストを使ってみたら敵が停止。剣の攻撃も当たりました。なんとかなって良かったです。

最下部で、エルザとカナンは大地の荒廃の理由を知ります。
それは、昔、地上の争いを止めようとして召喚された星の種=異邦のものが、大地のエネルギーを吸い上げているせいでした。
滅びを少しでも止めようとした初代アルガナンと魔女によって星の種は分割され、ルリ島とグルグ大陸に封印されたとのこと。
分割された星の種を統合し、元の場所へ返す方法があることも分かります。

地上へ戻ったエルザとカナンに、結婚式の日が迫ります。
それに先立って行われたエルザの騎士叙任式、アルガナン伯爵に忠誠を誓うか誓わないかの選択肢が出たのですが、思わず「誓わない」を選んでしまいました。
やり直しになるかと思いきや、それで正解だったらしくイベント続行。
エルザは、魂を売り渡すくらいなら一生傭兵でいい、と言い放ち、カナンを迎えに行きます。追手がかかりそうになりましたが、タシャが盾になってくれました。
クォークには止められますが、他の仲間たちには祝福され、2人は管制室を目指します。
アルガナン伯爵の野望をかきたてる元凶である大砲を破壊しようとした時、グルグ族が来襲。
異邦のものの片割れを兵器化して、攻撃を仕掛けてきたのです。

自分が大砲を操作すれば効果的に反撃できるとアルガナン伯爵に言われ、ジャッカルを操作して管制室まで護衛することに。
行く先々でグルグ族と戦闘になりましたが、ギャザリングは使えないわウィンドは使えないわ、勝手が違っておたおたしてしまいました。他のメンバーが敵を倒してくれて、目的地に到着。
ですが大砲は動きません。

異邦のものに直接はたらきかける、ということで地下へ。
盗賊ゾラがSHOPを開いていました。
牢で飼われていた魔物と戦闘。
シールドが消えたところを見計らって、皆のテンション技を惜しげもなく当てて勝ちました。

いよいよ異邦のものと対面です。
力を引き出すために、異邦のものに斬りつけるアルガナン伯爵。
すると、守護獣ミスラが出現、戦闘に。
これは苦戦しました。マナミアのフォレストを拡散するとサイレスできるのを忘れていて、ユーリスの助言の意味が分かりませんでした。
チュートリアルやステータスを見て復習し、再戦。
コマンドモードでフォレストを指示し、せっせと拡散。TPゲージが溜まったらテンション技を発動し、何度目かのリトライでようやく倒すことができました。
この時エルザをはじめパーティのレベルは43。手強かったです。

異邦のものはルリ島のエネルギーを使い果たし、グルグ要塞島の大砲がルリ島を砲撃し、アルガナン伯爵は死亡。
グルグ要塞島が接岸し、グルグ族が大挙してルリ島に押し寄せてきました。

カナンたちは民間人の避難誘導に向かい、エルザ達は孤軍奮闘するタシャの援護に向かいます。
寄ってくるグルグ族を倒し、空を飛ぶガーゴイルをバーストアロー連射で撃ち落とし、タシャの元へ。
戦いの中でエルザを庇い重傷を負ったタシャは、エルザに地下水路の鍵を託します。そこに、大勢の民間人が避難しているというのです。

地下水路でカナンたちと合流。アリエルやロッタたちも無事でした。
武器を強化し、水路の奥へ。
こんなところでネビロスが出ました。貴族の館で戦った、シルバーアローがないとどうにもならない敵です。なにはともあれ、仲間に逃走を指示。
スケルトンを倒すとシルバーアローを落とすので、何本か集めてから仕掛けました。けっこうあっさり倒せたのは、貴族の館での経験が生きたのでしょうか。

奥で、ボス戦。蜘蛛です。
蜘蛛に特攻の武器を装備していたおかげか、難なく撃破。
そのまま、グルグ要塞島へ潜入します。

途中で3部隊に分かれてしまいますが、すぐ合流できました。
2人組の魔法使いと戦闘。属性バリアを張ってきますが、赤と黄色が良く分からなくて手こずりました。そのうちジャッカルが色と属性を教えてくれるようになり、正確なコマンド指示が出せるように。
どうやら、バリアを張る方を攻撃してHPを減らせば良かったようです。
彼らは撤退し、異邦のものの片割れに辿り着くことができました。

と思ったら、またしても守護獣アータル戦です。
しかも、今回エルザとカナンしかいません。サイレスが使えないのにどう戦えば良いのかと途方に暮れていたら、他の仲間が合流してきました。
その時、エルザのライフ残はわずか2。
ダメもとでフォレストを指示し、テンション技を使い、カナンには竜を呼んでもらって、なんとかGAME OVERせずに勝てました。

一方その頃、地下牢からジルが脱出します。
エルザへの憎悪をたぎらせるジルに、ザングルグが魔剣を与えます。

グルグ要塞島からルリ島へ渡る途中、エルザとカナンは海に転落。
見渡す限りの大海原を、延々とカナンを探して泳ぐことになります。
おそらく時間経過でイベント。
グルグ船に引き上げられたエルザは、ジルと戦うことに。
魔剣を手にしたジルは、なかなかの強敵でした。ガード斬りを狙ってみて、何回かはちゃんと成功したのですが、コントロールスティック入力指示を失敗してGAME OVERに。
気を取り直して再戦、3×3回入力に成功したら勝てました。

エルザのことは仲間たちが船で迎えに来てくれましたが、カナンはザングルグに連れ去られてしまいました。
現在、エルザのレベルは52、プレイ時間は27時間。

神獣のトラに導かれ、ザングルグを阻止しカナンを取り戻しに向かいます。

« ラストストーリー[6] | トップページ | ラストストーリー[8] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラストストーリー[6] | トップページ | ラストストーリー[8] »

カテゴリー