« テイルズ オブ グレイセス f [2] | トップページ | テイルズ オブ グレイセス f [4] »

2010年12月 5日 (日)

テイルズ オブ グレイセス f [3]

秘奥義が使えるようになりました。発動の操作が簡単なので、気軽に使っています。
が、タイミングを狙って出すことができない気が。
ゲージが溜まると、勝手に発動モードに入ってしまうのです。ボス戦までとっておきたいのですが、どうしたものやら。

地下通路に入ったら、すぐにリチャードと再会できました。
王弟のセルディク大公が、王位を奪うためにクーデターを起こしたのだそう。王は大公側についた騎士団に殺され、リチャードは逃げてきたというのです。
グレルサイドの領主、デール公なら味方になってくれるというリチャードと共に、地下通路を抜けます。

セルディク大公の手が回っているウォールブリッジの手前で、パスカルという女性と遭遇。
彼女の案内で、地下遺跡からグレルサイドに向かいます。
地下遺跡には映写装置があり、なぜかソフィの姿が映し出されます。
ソフィに触れると悪寒がはしるリチャード、リチャードを見ていると不安になるソフィ。
ソフィの正体が気になるところです。

無事グレルサイドに到着。デール公は、セルディク大公を討つというリチャードに協力を約束してくれます。
アスベルの故郷ラントは、クーデターを見過ごしてもらう見返りとして、セルディク大公がストラタに差し出したのだろうと結論づけられます。
故郷にも騎士団にも居場所がなくなったアスベルは、リチャードのための剣となることを約束します。このとき取得した称号をつけると、秘奥義が習得できるように。

まずは、王都への途上にあるウォールブリッジを攻め落とします。
アスベルは、地下遺跡から橋の内部に潜入し、内から叩く役目を買って出ます。ソフィはもちろん、パスカルとリチャードも同行して、橋の内側に。
最初に、セルディク大公の援軍を足止めするため、北の橋を上げに行きます。が。

方向音痴の私が迷って何度も同じところを行き来している間に、アスベルが秘奥義を使えるようになりました。格好良いです。他にもあるようなので、これから楽しみです。
デュアライズした武器も、あっという間に熟練武器になってしまいました。
なんだか勿体ないので、早く橋を上げるレバーを見つけなければ。

« テイルズ オブ グレイセス f [2] | トップページ | テイルズ オブ グレイセス f [4] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テイルズ オブ グレイセス f [2] | トップページ | テイルズ オブ グレイセス f [4] »

カテゴリー