« はじめての国勢調査[11] | トップページ | テイルズ オブ グレイセス f [8] »

2010年12月16日 (木)

テイルズ オブ グレイセス f [7]

魔導書は、エレスポットにセットしてはじめてその効果を発揮するのだということに、今さら気がつきました。
道理で、これまで何の恩恵もないわけです。
俊足の魔導書も、エナジーを勝手に消費されてはたまらんと買い控えていたのですが、これで買うことができます。いやはや、もっと早く気付くべきでした。

闘技島では、手引きしてくれるはずの密偵が疑われて動きが取れなくなっています。
しかもパスカルがフェンデル兵とトラブルを起こします。
なりゆきで、フェンデル兵と闘技場で戦うことに。
モンスター相手に4回勝つと、フェンデル兵と対戦です。彼らを倒すと密偵が解放され、フェンデルへ行けるように。

フェンデルは北国でした。
港からベラニックへ向かう前に、かめにんに1000ガルド掴ませてラントへ行ってみました。とはいえ、やったことは花壇の種植えだけ。また1000ガルド払って帰りました。
ベラニックは寒村です。マリク教官はどうやらこの国の出身のよう。
洞窟を抜けて船に乗って、いよいよ首都ザヴェートへ。
マリク教官、フェンデルの部隊証を持っていました。20年前に反乱を起こしたという若い兵たちのうちの一人だったのかもしれません。

フェンデル軍が大輝石の実験をしようとしていると知り、パスカルが慌てます。
実はアンマルチア族のパスカル、以前実験で地面に大穴をあけたことがあるそうで、同じことを大輝石でやったらフェンデル全土が吹っ飛ぶかも知れないというのです。
情報を得るため、アンマルチア族の里へ行くことに。

ザヴェート山を登り、アンマルチア族の里へ。
入口付近でイノシシに襲われ、久々にライフボトルを使いました。
フェンデル軍に協力しているのは、パスカルの姉フーリエのもよう。
フーリエは山道の途中の研究所にいるとのことで、向かいます。
研究所、中はモンスターが徘徊していました。しかも延々と地下に続いています。
仕掛けを解いて扉を開けつつ、フーリエを探します。

« はじめての国勢調査[11] | トップページ | テイルズ オブ グレイセス f [8] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はじめての国勢調査[11] | トップページ | テイルズ オブ グレイセス f [8] »

カテゴリー