« 大神伝[2] | トップページ | 2010秋のアニメ »

2010年10月 3日 (日)

大神伝[3]

ダンジョンの謎ときが面白くなってきました。
私はせっかちで、難しすぎると嫌になってしまうのですが、延々と悩まなくてもちゃんと解ける絶妙な難易度で楽しいです。

以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

ナナミを乗せて、アガタの森を回ります。
以前クニヌシと一緒の時は取れなかった勾玉のカギを、ナナミが取ってくれました。
これで、屋根の上の扉が開きます。中へ。

中には妖怪の商人がいます。鬼婆相手に使いきった神骨頂を補充。
像を調べると、筆しらべ 水郷を使えるように。
なんと、水場だけでなく、ナナミからも水の線が引けます。松明を消すのが限界と言っていましたが、戦闘でも有効でした。めでたし。
観音様の手を数本拾いつつ、階段を下ると、そこに手の足りない千手観音の像があります。
今まで拾ってきたのを付けましたが、手はあと一本足りないようです。
さらに奥、輝玉で開けた壁の中には蔦ノ花神がおり、筆しらべ 蔦巻を使えるようになりました。
それから観音様の手を探して右往左往。どこにも見当たらないと思っていたら、蔦巻のところからもっと奥へ行けました。
宝箱から無事手を回収。観音様に付けると、階段と宝箱が現われました。
宝箱には都牟狩太刀が入っていたのですが、ナナミは、以前チビテラスはその太刀を持っていたと言います。チビテラス、記憶を失ってでもいるのでしょうか。
太刀を装備し、階段を降ります。
水の中に閉じ込められたナナミを導線で導き、合流して先へ。
のっぺらぼうの阿修羅像に顔を描くと襲ってくるので、これを倒してセーブ。

大ナマズ戦です。
蔦巻で釣り上げて、一閃で斬って攻撃。
ある程度削ると、大ナマズは他の島へ移動します。ナナミを先に行かせ、チビテラスは後から蔦巻で移動。
泳いでいるナナミを大ナマズが狙うので、飛び上がったところを一閃してやりました。
けっこう楽勝。
クニヌシは、自力で大ナマズの口から出てきました。ナナミが盗まれた宝物、潮干玉と潮満玉を持っています。
ナナミは玉の力を使って水を干上がらせますが、大ナマズは最後の力を振り絞って滝のぼりを決行します。
あおりを食らって流される2人と1匹。
クニヌシは、チビテラスを庇って行方不明に。
チビテラスは、両島原に流れ着きます。
ナナミはチビテラスに別れを告げ、海に帰っていきます。

では、タタリ場渦巻く両島原をひとり(一匹)で回ってみます。

« 大神伝[2] | トップページ | 2010秋のアニメ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大神伝[2] | トップページ | 2010秋のアニメ »

カテゴリー