« 牧場物語 ふたごの村[10] | トップページ | 東京ゲームショウ2010 [当日] »

2010年9月18日 (土)

ポケモン ブラック・ホワイト[1]

本日発売、ポケモン完全新作です。
同じハードで2本目を出すのは初めてではないかと思います。発表当初は、てっきり3DSでのお目見えと思っておりました。

以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ

まずは、忘れないうちにwifiでリバティチケットを受信しておきました。

女主人公でプレイ開始です。
最初のポケモンにはミジュマルを選びました。
♀が出るまで、リセットすること6回。ひかえめな性格で、特攻の高い子になりました。
ニックネームはマルちゃん。いずれ似合わなくなることは覚悟の上です。

その場でライバル戦。
まずはベル。ポカブは体当たりを2回した後、しっぽをふるだけになったので勝てました。
続いてチェレン。ツタージャには負けてしまいました。
ミジュマル遅いです。全てにおいて先手を取られました。この先大丈夫でしょうか。
すばやさの数値を確認したついでに、説明を読んでみました。「お腹のホタチで戦う」そうです。ホタチってなんでしょう。お腹に付いているホタテガイのことでしょうか。誤植、それともホタテの太刀という意味、それとも。どうなんでしょう。

1番道路でヨーテリー、ミネズミをゲット。
ベルとチェレンが、捕まえたポケモンの数を競おうなどと言いだすので、持っていたモンスターボール5個ぜんぶ使って手持ち6匹にしてみました。
そうしたら、2人の捕まえたポケモンは1匹とのこと。ちょっと肩透かしを食らった気分になりました。
ミジュマルはレベル7でみずでっぽうを使えるように。水ポケモンらしくなってきました。

カラクサタウン。
ポケモンセンターの中にフレンドリィショップがありました。リバティチケットを受け取り、モンスターボールを補充。10個買ったらプレミアボールがつきました。
広場では、プラズマ団の人が演説をしています。
N(エヌ)という少年も登場。主人公たちのポケモンが話していた、と言います。
勝負も仕掛けてきました。チョロネコLv7です。ミジュマルのみずでっぽうで撃退しました。

2番道路に入るとすぐ、おかあさんが追いかけてきてランニングシューズをくれます。移動が遅くてうんざりしかけていたところだったので、これはナイスタイミング。Bボタンダッシュで、けっこう早くなりました。
チョロネコをゲット。
出口付近まで行くと、ベルが勝負を挑んできます。
ヨーテリーLv6とポカブLv7です。ミジュマルLv11で圧勝できました。

サンヨウシティ。
今作ではわざマシンに回数制限がないと判明。今までは勿体なくて、結局使わずに終わったわざマシンが多かったので、これは嬉しいです。
ジムリーダーを探しに入ったトレーナーズスクールで、チェレンが勝負を挑んできました。
ツタージャLv8、チョロネコLv8です。ヨーテリーLv10で勝つことができました。
あらためてジムに戻ってみると、ジムリーダーは入口にちゃんといました。
でも、夢の跡地で鍛えた方が良いと言われてしまったので、先にそちらへ行ってみることにします。

« 牧場物語 ふたごの村[10] | トップページ | 東京ゲームショウ2010 [当日] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 牧場物語 ふたごの村[10] | トップページ | 東京ゲームショウ2010 [当日] »

カテゴリー