« 世界樹の迷宮3 ~星海の来訪者~[6] | トップページ | 世界樹の迷宮3 ~星海の来訪者~[8] »

2010年4月19日 (月)

世界樹の迷宮3 ~星海の来訪者~[7]

公式HPで言及されている「重大な決断」を迫られました。
さんざん迷った挙句、おそらく無難と思われる道を選択。
ストーリーというよりは、キャラで決めてしまった感があるのですが、そこはあえて振り返らないことにします。

以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

地下9階でF.O.E.をかわし、下階段を発見。
地下10階に降ります。
ここのF.O.E.は戦闘乱入型。至近を通っても目で追うだけですが、戦いはじめると全員一斉に寄ってきます。
そんな連中が大部屋にぞろぞろいるので、部屋に入る前にエンカウントしてゲージを青にし、念のため警戒行進を使って通り抜けました。

クエストで頼まれた、温泉の湧く場所を探しながら進みます。A-1、A-7、D-1の3ヶ所で見つかりました。
E-4の扉の前にオランピアが立ちふさがっており、先にフカビトに会って来ないとここは通さないと言われます。
C-4の扉から、断罪の間へ。
フカビトは、月の鍵の扉の向こうにいました。
いきなり餌呼ばわりされて、フカビト&フカレディと戦闘突入。
当方のパーティ平均レベルは29だったのですが、一人も倒せぬ間に全滅してしまいました。全体攻撃と追撃が厳しく、回復が全く間に合わなかったのです。

気晴らしとレベル上げを兼ねて、大航海クエスト。
商業都市アユタヤとトルトゥーガ島のクエストを何度か繰り返し、レベルを30に。
ついでに航海してきました。
A-7で大海磁軸2を発見。
D-4の島で土産物をよこせと迫られ、ザリガニの鋏をあげたら、カバカバというお酒をくれました。
C-3で、敷き網と、網にかかっていた魚を入手。
D-4にある交易都市ダバマンドに到達。更紗という織物をもらいました。この時点でアユタヤの船大工が船を改造してくれて、装備がひとつ増えました。
D-2の空に浮かぶ島を発見。
E-2に勝利の塔。
次の節目で、ラティーンセイルとやらをもらえそうです。もっと船足が伸び、小回りもきくんだとか。期待して待つことにします。

さて、フカビト&フカレディと再戦。
今度は勝てました。
こまめなパーティヒールと業火、チェイスアイスで手数を増やしたのが良かったのかも。

深都に戻って深王にミッションの報告。
深王が言うには、フカビトの脅威を教えてくれたのは世界樹。世界樹の意を受け、深王は海都の一部を海に沈めて100年前からフカビトと戦い続けているのだとか。
フカビトの上位に魔の存在があり、それは人間の感情を糧に成長するので、いままで人知れず戦ってきたのだそうです。

それとは別に頼みがあると言うので聞いてみると、海都の人間が侵入して奥へ進んでしまっているので止めてきて欲しいとのこと。
地下11階に降り、F-3まで進んだら、果たしてそこには元老院からつかわされたクジュラがいました。
元老院とクジュラは、以前からフカビトと魔の存在を知っていたのだそうです。
俺を信じろ、元老院で姫の話を聞け、と言われて、アーモロードへ帰還。

姫は、深王は水臭い、自分たちも一緒に魔と戦いたいのだと語りました。

一方、深王は、魔は人の認識と感情で育つ、海都の連中には無理だと主張。

双方の話を聞いたうえでもう一度クジュラのところに戻ると、海都と深都で相反する2つのクエストが発生します。
巨兵ゲートキーパーを、片や討てと言い、もう片方は護れと。
迷いましたが、つきあいの長い海都のミッションを受領。深王が機嫌を損ねてサブクラス習得ができなくなったりしたらどうしようと不安になりましたが、彼の態度は以前と全く変わりませんでした。良かった。

さてこれで次なる目標はゲートキーパーの破壊です。
これが済めば、きっと公式HPで紹介されている新職業が使えるようになるはず。
ショーグンとアンドロを見比べて、ショーグンの方が良いなと思ったのが、ルート選択の一番大きな要因だったかも。

では、先に進みます。

« 世界樹の迷宮3 ~星海の来訪者~[6] | トップページ | 世界樹の迷宮3 ~星海の来訪者~[8] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界樹の迷宮3 ~星海の来訪者~[6] | トップページ | 世界樹の迷宮3 ~星海の来訪者~[8] »

カテゴリー