« 大神[2] | トップページ | ペルソナ3ポータブル[1] »

2009年11月 1日 (日)

大神[3]

宿敵を倒しました。
が、これで終わりではないようです。まだまだこれから、とナレーションも入りました。
筆しらべも揃っていないし、なによりマップ上に未踏の地がで~んと残っています。
楽しみです。

八犬士の最後の一匹は、神木村にいました。ムシカイという子供の飼い犬です。
話しかける前にひと仕事。
この子のカーチャンの目を盗んで、畑から大根を10本掘り起こすというミニゲームがあるのですが、数回チャレンジしてあきらめていました。
今回、これに再チャレンジ。
私より数日遅れてプレイ開始した旦那が、カーチャンを筆で塗りつぶして目隠しするという技を使って成功していたので、真似てみることにしたのです。
一本掘っては塗りつぶし、を繰り返し、無事10本掘りに成功。
あらためて、犬に話しかけました。
力試しの戦闘後、この犬の持っていた宝玉もアマテラスの元へ。

三犬士の代わりに宝玉を3つ持って、フセ姫のところへ。
そうしたら、3つどころか8個全部がアマテラスの方へ来てしまいました。
なりゆきで赤カブトと戦うことに。
途中で、風を吹かせる筆しらべを習得。神風を吹かせるイベントの後、暗かったクサナギ村に陽光が戻るシーンは、こちらの心まで晴れるようでした。
赤カブト戦。
風で炎を吹き飛ばして攻撃の繰り返しで、けっこう楽に勝てました。

明るくなったクサナギ村を後にして、そろそろお祭りがあるという神木村へ帰ります。
すると、ヤマタノオロチの生贄選定の矢が飛んできて、クシナダの家の屋根に。
酒を持って戦いに行くと言うクシナダに同行しますが、クシナダは途中でオロチに攫われてしまいます。

ヤマタノオロチを追って、十六夜の祠へ。
妖怪を倒して下っ端になりすまし、まんまと潜入に成功しますが、オロチのための前菜作りに必要な食材を集める羽目に。
祠じゅう探しまわって、4体の妖怪を倒し、4つの食材ゲット。
その過程で、炎の筆しらべを会得します。

いよいよヤマタノオロチと対決です。
いままでずっと及び腰だったスサノオが、クシナダの危機に一世一代の啖呵を切る姿は、感動するほど格好良かったです。
戦闘開始直後は、やたら広い戦闘エリアと8本のうねる首に呆然。
とにかく咆哮している時に酒を飲ませ、酔っぱらった隙に中央上段に駆け登って、鐘をひたすら攻撃しました。
鐘が落ちたら、いよいよ首を狙います。
敵が吹きつけてくる炎や毒を風でせっせと吹き飛ばし、咆哮したら酒。酔って地面に落ちたところを連打しました。
時間はかかりましたが、ほとんど回復なし(神骨頂2本のみ使用)で倒せました。

新しい武器、剣を背負って、神木村のお祭りを一回りしようと思います。

« 大神[2] | トップページ | ペルソナ3ポータブル[1] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大神[2] | トップページ | ペルソナ3ポータブル[1] »

カテゴリー