« ペルソナ3ポータブル[1] | トップページ | ペルソナ3ポータブル[2] »

2009年11月 8日 (日)

大神[4]

息子のインフルもらっちゃいました。微熱と倦怠感があったので、昨夕念のため病院に行ったらA型陽性。先週に引き続きまたしても一週間外出自粛です。仕事のやりかた忘れそう……。

ゲームの方は順調に進んでいます。
途中詰まりかけましたが、なんとか鬼ヶ島の手前まで来ました。

神木村のお祭りを一周。スサノオとクシナダはいませんでしたが、まぁ野暮はやめようということで殊更探しはしませんでした。

関所へ行き、橋を下ろしてもらおうとヨイチの弓矢に火を点けたら、まさかの大爆発でびっくり。ともあれ無事に両島原へ。
大神降ろしでタタリ場を払い、ぼくせんババのところへ通じる抜け道を発見。
沖合の小島にある道場で、空中二段ジャンプを習得。硬い地面も掘れるようになりました。

覚えたばかりの空中二段ジャンプで、岬にある櫓に登ってみたところ、目の前に難破船が。
この船、海上から乗り込んでもこれといって何もありませんでしたが、空に夕月を描いたら海がぽっかり割れて、船底部分から中に入れるようになりました。
でも、入ってすぐに封印された扉が。
これ以上どうにもならなさそうだったので、ひとまず出て西安京へ向かいました。

ここがまた薄暗くてどんよりした都。人々も具合が悪そうです。
貴族街へ渡る橋を下ろすために、ベンケイの魚釣りをサポート。太刀魚を釣り上げ、貴族街でツヅラオに会います。彼女と難破船で落ち合う約束をし、再び櫓へ。
ツヅラオが扉の封印を解いてくれ、船内に入ります。
樽乗りや大砲の角度調整に手こずりましたが、無事に打出の小づちを入手。

この小づちで小さくなり、宝帝の寝所に忍びこむわけですが、蜘蛛の皿を飛び移るのに大苦戦。
筆しらべで時間の経過を遅くして、ゆっくり飛べば良かったんじゃないかと気付いたのは、宝帝の体内でエキビョウを倒した後のことでした。
囚われていたカグヤを解放。この時の宝帝のがっくんがっくんした動きが楽しかったです。

さてカグヤ。
彼女を追って笹部郷へ行き、ここで苦手な穴掘りです。
何度やってもダメだったうえ、傍で見ていた息子がうるさかったので、そんなに言うならお前がやってみろとコントローラを渡したところ……一回でクリアしてくれちゃいました。
せっかくなのでそのままイベント進行。
お礼にとカグヤがくれる神飾りで、ヒミコに会いに行けるようになります。

西安京へ戻り、ヒミコに会う前にいくつか。
スリの早蔵を岩一閃斬りで発見し、被害者に品物を返却。
花咲じいさんの踊りにつきあって、都の桜全開。これ、じいさんの頭の上の桜に気付かず、しばらく街中を探しまわってしまいました。
渡し船の代わりにハスの葉で川を渡してあげるのは、ちょっと挫折です。

しかるのちにヒミコに会いに。
カンモン砦の鍵を渡され、先へ進めるようになります。
浜辺でいじめられているウラシマを助けると、シャチ丸に乗って海を渡れるように。
シャチ丸、つぶらな瞳や丸い頭、加速してもあまり早くなった気がしないところなど、なんともキュートなキャラでした。
猫鳴の塔にせっせと昇り、特定の壁を上れるようになる筆しらべを習得。
これを使って天望岬へ。
岬の先で、空に浮かんだ風車を風で回すと、竜宮への道が開けます。

オトヒメから貝殻のお守りをもらい、水竜の体内へ。
赤い液が滴る膜を斬って、竜玉に絡みついた筋を溶かし、竜玉入手。

竜王もヒミコも亡くなってしまいますが、それと引き換えに鬼ヶ島への道が開けます。

インフル陽性ではありますが、リレンザのおかげか一晩明けたら平熱になっていた私。
もうちょっと元気になったら、続きをやろうと思います。

« ペルソナ3ポータブル[1] | トップページ | ペルソナ3ポータブル[2] »

コメント

ゆきさん こん○○は
インフル 大変ですね・・・薬が効いてよかったです。

我が家も先月 ミユキ(長女)がインフルにかかりました(インフル中に学級閉鎖あり)が その時は家族内感染はなくホッとしたのですが 今チビ助(次女)の保育園で流行中・・・家族内感染して一気に収束させた方がよかったのではないか? なんて不謹慎なことも思ってしまいます。
どうぞお大事になさって下さい。

みやびさん

お気遣いありがとうございます。嬉しいです。またまた返信遅くてすみません。

おかげさまで私はすっかり良くなりました。
熱は下がったものの、何に対しても気乗りしない状態が続いていたのですが、ようやく上向いてきた今日この頃です。

家族内感染、うちは結局旦那を除いて全員インフルの洗礼を浴びてしまいました。
これでもう新型に怯えることはなくなりましたが、医療費が大変なことに。やっぱりならないに越したことはないよなぁと思いつつ、でも、この際いっぺんに全員罹ってくれればこれ以上仕事を休まなくて済むと思ってしまったことも事実。
季節性インフルには当たらないように気をつけないと。

みやびさんのお宅も、お気をつけください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ペルソナ3ポータブル[1] | トップページ | ペルソナ3ポータブル[2] »

カテゴリー