« 大神[1] | トップページ | 大神[3] »

2009年10月30日 (金)

大神[2]

夢中で遊んでいます。
苦手なアクションゲームを、こんなに楽しくプレイできる日が来るなんて。
たまにリモコン筆が意図せぬ図形を描いてくれますが、ままならない感じがまた良いです。

ツタ巻き遺跡の中はスリリングでした。
毒の池に落ちてアウト、崩れる足場から落ちてアウト。
でも、ペナルティなしで直前の状態に戻してくれるので、リトライしやすかったです。
これで何か罰則があったら、下手くそな私は投げ出していたかも知れません。
奥に、初のコンティニュー鳥居がありました。
くぐりぬけて、女郎蜘蛛との戦闘です。
攻撃は走って避け、蜘蛛が糸を上り始めたらこれを一閃で斬って落とします。
周囲に浮いている花と、蜘蛛の背の突起をツタで結んで開かせてから攻撃。
回復が間に合わず1回死んでしまいましたが、異袋で復活。コンティニューなしで勝利できました。

犬を助け出し、これで橋がかかると思いきや。
丸太に乗って急流下りをする羽目に。
しかも、岸辺の花と丸太をツタで結ばないと滝に落ちてしまいます。
1回失敗しましたが、これまた即リトライさせてもらえました。2度目はなんとか成功し、無事に丸太の橋が。

この橋を渡って、高宮平へ。
ここでは複数のイベントが発生。
モグラから湯呑を取り返すのは簡単でしたが、次に行ったら高速モグラたたきを仕掛けられ、クリアするのにかなり苦労させられました。

舌きり婆の家。
イッスンのアドバイスに従って夜に忍びこんでみましたが何もできず。体当たりしても、婆さんはピクリとも動きません。
笹部郷で攫われたお嬢さんの話を聞き、クサナギ村で八犬士(5匹)を探すイベントをこなした後に訪れたら、婆さんを月の光の下へ引きずっていくことができました。
正体を現した婆さんと爺さんを倒すと、攫われたお嬢さんを救出できます。

お嬢さんを救出したことで、笹部郷に入ることができるように。
新しい筆しらべも覚えます。
温泉の奥で、6匹目の八犬士と戦闘。なんと、この犬の持っていた宝玉の力がアマテラスに宿ります。
次の八犬士は、アガタの森で助けた梅太郎。この犬とも戦闘になり、やはり宝玉の力がアマテラスに。

最後の八犬士はさらにマップを遡った先にいるようですが、この犬も力をアマテラスに預けて、自分はその場にとどまるのでしょうか。
人魚の古銭によって地点間の瞬間移動ができるようになったので、行って来ようと思います。
それとも、新たな筆しらべによってできることが増えているので、地道に走っていった方が良いのかなぁ。

« 大神[1] | トップページ | 大神[3] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大神[1] | トップページ | 大神[3] »

カテゴリー