« テイルズ オブ ヴェスペリア[10] | トップページ | テイルズ オブ ヴェスペリア[12] »

2008年8月24日 (日)

テイルズ オブ ヴェスペリア[11]

カロルとレイヴンの回復魔法が意外と頼りになることが分かり、強敵を相手にする時はこの2人を必ず入れるようになりました。
エステルも加われば、そうそう全滅にはなりません。私はダメージ気にせず突撃するタイプなので、非常に助かります。
プレイ時間48時間、ユーリのレベルは52です。
以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

ザーフィアス王城に突入。
奥の扉には仕掛けがあり、条件を満たさないと開きません。
城の中にある有翼の像を順番に周り、ソーサラーリングを当てていけばOKです。
扉の向こうに、ようやくアレクセイとエステルの姿が。
ここで戦う相手はエステル。
1回目は楽勝でしたが、2回目の一騎打ちであっさり負けてしまいました。
エステルと同じレベル48まで育てて再挑戦しましたがダメ。
迷いましたが、戦闘レベルをイージーに変更してもう一度挑んでみました。
そうしたらあっけないほどの短い時間で、アイテムも使うことなく勝利。
悔しくはありましたが、ここはそのまま進めました。

アレクセイは、鍵を使って浮上させた古代文明の遺産・ザウデ不落宮へ行ってしまい、エステルは皆の力で正気に戻ります。
久しぶりに全メンバー揃いました。

翌朝、フレンとザウデ不落宮について話しているところへ副官のソディアが。
フレンは団長代行になったそうです。
ソディアはかねてからユーリを目の敵にしていましたが、今回も抜刀して威嚇。
ユーリは早々に部屋を出ます。

復調したバウルに、ザウデ不落宮まで運んでもらうユーリたち。
上空からフェローが現れ、敵側がそちらに気を取られている隙に、ユーリたちは通風口から宮内へ。
ここでの仕掛けの解き方が分からず、しばらく右往左往してしまいました。
合間にギガントモンスター・ポセイドン撃破。
カロル、レイヴン、エステル3人がかりで回復してもらえば、そう簡単には死にません。
その前にはイエガー戦。
エステルに比べれば、他のメンバーもいるし楽勝でした。にしても、最後まで仲間が助太刀に来なかったのが気になります。

肝心の仕掛けは、どうあっても中段に行くことができず、はじめて攻略Wiki様のお世話になりました。
水が引いた時に中段に残れるよう、左側に立ってから玉を撃てば良かったんですね。
次の仕掛けは、水が満ちた時いっしょに上段に昇れるよう、ブロックに乗ってから撃てば良しと。
独力では気付くまでに何時間かかったことか。ありがとうございます。

いよいよアレクセイ戦。
この人は結局、今の世の中を力ずくで変えようとしていたもよう。そのために強い力を欲していたようですが、ユーリも言っていたとおり、ついてくる人は誰もいなさそうです。
アレクセイ、秘奥義より何より、守護氷槍陣が脅威でした。
どんなに削っても、これを連発されると簡単に10,000以上回復してしまうのです。
止めに入ってもなかなか阻止できなかったので、こまめにバーストアーツをかけ、フェイタルストライクを放ってごり押しで勝ちました。

勝って間もなく、上空から何か巨大なものが落ちてきます。
それは、古代文明と始祖の隷長が封じていた災厄そのもの。
アレクセイは落下した聖核の下敷きに。ユーリは仲間と聖核をはさんで反対側に避けます。
そこへフレンの副官ソディアが。彼女に刺されたユーリは海に落下。視界が暗転します。

意識を取り戻したユーリが寝かされていたのは、帝都下町の自室。
ユーリを救ったのはデュークでした。
デュークは、災厄はエアルから生まれたものだから、エアルでは勝てないと言い残し、デインノモスを受け取って立ち去ります。

部屋から出たユーリはラピード、エステルと再会。
翌朝にはジュディスと合流し、アスピオで待つリタの元へ向かいます。

« テイルズ オブ ヴェスペリア[10] | トップページ | テイルズ オブ ヴェスペリア[12] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テイルズ オブ ヴェスペリア[10] | トップページ | テイルズ オブ ヴェスペリア[12] »

カテゴリー