« テイルズ オブ ヴェスペリア[9] | トップページ | テイルズ オブ ヴェスペリア[11] »

2008年8月22日 (金)

テイルズ オブ ヴェスペリア[10]

イベント戦で、2度ほど実績のロックを解除できました。
けれど、どちらも自覚のない状態での解除。説明を読んではじめて、何があったのか分かるという感じです。
あらかじめ分かっていると狙いすぎて失敗しそうなので、私にはそれくらいで丁度良いのかも。
プレイ時間41時間、ユーリのレベルは46です。
以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

ヘラクレス内部の障壁、これを消す方法に気付くのに時間がかかってしまいました。
上でぐるぐる運ばれている荷物を、制御装置の上に落とせば良いんですね。

ハシゴや階段を行ったり来たりして全ての装置を壊し、いざアレクセイ戦、と思いきや、襲いかかってきたのは粘着質のザギでした。
ヘラクレスはまるごと囮だったのです。
ザギ戦、ザギの毒をおそらくカロルの活心リカバースタンプが解毒して、実績ロック解除。ポイズンボトルは使えなかったので、ここは解毒できるキャラが必須だったのでしょうか。

勝利後、ザギの不意打ちによって動けなくなったユーリたちを、なぜかイエガーが助けてくれます。
帝国のひとり勝ちは、彼らのビジネスにとって良くないことだからだそう。
この時の衝撃で、ヘラクレスは停止できなくなってしまいます。しかも主砲が今まさに帝都ザーフィアスに向けて発射されようとしています。
あわやというところで、フレン隊の船がヘラクレスに体当たり。主砲は帝都をそれて大地を直撃。すさまじい威力です。

ユーリたちはエアルの乱れをたどり、なんとかアレクセイとエステルに追いつきますが、もう少しでエステルに手が届くというところで弾き飛ばされ、カプワ・ノールまで飛ばされてしまいます。

主砲が大地をえぐったせいで、帝都へ行くにはゾフェル氷刃海を通って迂回しなければなりません。
ここで大変なことが。
カロル先生を除く全員が動けなくなってしまい、ボス級の魔物とカロルの一騎打ちになってしまうのです。
2度ほどゲームオーバーになりましたが、3度目、とにかく逃げ回ってバーストアーツを発動し、グミでしぶとく回復したら、やがて他の皆が戦闘に加わってくれました。
地表にツノだけ出ている状態の時に攻撃を当てたところ、実績ロック解除。
これがなかなか当てづらくて大変でした。

直近のハルルで休息をとるユーリたち。
ここには次期皇帝候補のヨーデルも逃げてきていました。
帝都の人々をここまで避難させたとのことでしたが、下町の面々がいません。
とても手が回らなかった、と言われ、ユーリの目つきが変わります。

その夜。
宿屋を抜け出し、ラピードと共に街を出るユーリ。
これは帝都だろうなということで、森へ向かいました。しかし途中でユーリはラピードに番をさせて眠ってしまいます。
次にユーリが目を覚ました時、まわりにはハルルに置いてきたはずの仲間の姿が。
特にカロルは激怒しています。
ラピードが呼びに行ったのです。

帝都へは全員で行くことになり、森を抜けて草原に出ます。
魔物がエアル暴走後バージョンになっており、油断していると危ないので、気を引き締めて行ってきます。

« テイルズ オブ ヴェスペリア[9] | トップページ | テイルズ オブ ヴェスペリア[11] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テイルズ オブ ヴェスペリア[9] | トップページ | テイルズ オブ ヴェスペリア[11] »

カテゴリー