« テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[5] | トップページ | テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[7] »

2008年7月 8日 (火)

テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[6]

クエストへの未練を断ち切り、本編を進めることにしました。
5章に入ったところです。
でも、相変わらずボス戦は楽勝。下手な私にとっては僥倖なので、しばらく進んだらまたクエストに耽ろうかなと思っています。
以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

フラノールでのクエストは1回で我慢。
推奨レベル30のものもちらほら出始めているのですが、そして私のエミルは軽く30超えているのですが、これらはまだ後に取っておきます。

氷の神殿、前作でさんざん迷った氷すべりエリアが、すっかり溶けて水たまりになっていました。
ホッとしつつ奥へ。
念のため石像の向きを書き留めたりしたのですが、これは特に使いませんでした。
奥でしいなと合流。相変わらずで楽しかったです。

売られてしまったコアを求めて、メルトキオへ行くことになるエミルたち。
ここではデザートのレシピを入手。
街中でアリスと出くわし、テネブラエがコア化。闇の神殿へ戻ってしまいます。
テネブラエを迎えに、次は闇の神殿へ。
ここでリヒター戦です。
いきなり秘奥義をくらい、とても勝てそうにないと思っていたら戦闘終了。一定時間耐えれば良かったのでしょうか。
この戦闘で、聞いたこともない技を使ったエミル。リヒターは何か思い当たることがあるようで、エミルに対しすぐにラタトスクの騎士をやめろと迫ります。
エミルは今回ラタトスクモードになっていた間のことを良く覚えていないみたいだし、一体なにがあるというのでしょう。

メルトキオへ戻ると、ゼロスの妹の誘拐騒ぎが。
見た目はロイド、香りはデクスという男が犯人です。
デクスは以前にもマルタの父に化けた前科があるので、これまでの悪行もすべてデクスの仕業かも知れません。
妹セレスが連れ去られたと見られる岬の砦へ、ゼロスくんと共に向かいます。

« テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[5] | トップページ | テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[7] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[5] | トップページ | テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[7] »

カテゴリー