« テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[9] | トップページ | 夏秋のゲーム »

2008年7月15日 (火)

テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[10]

子供たちの目をかいくぐってラストダンジョンへ。
そこでの戦闘に負け続けて進めません。
レベルが低いとは思えないのですが、私のテクを補うために、レベル上げは必須かもしれません。
以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

エミルはとうとう心を決め、戦闘時にラタトスクモードになることはなくなりました。
戦闘時の台詞はもちろん、秘奥義のカットインも変更に。新鮮です。

そしてギンヌンガ・ガップなるところへ入ったわけですが。
雑魚戦は普通に勝てるのに、アリス&デクスにボロ負けです。
フェンリルとスフィンクスという、大きくてHPの高い魔物を連れておりまして、この2匹はそうそう死なないのですが、マルタがあっという間に死んでしまうのです。
アイテムで蘇らせてもまたすぐ死亡。
守ってあげられれば良いのでしょうが、私のエミルにそんな余裕はありません。
アリスを先に倒そうとしているのですが、秘奥義を2発ほど当てたところで彼女はすぐに全回復してしまいます。

とりあえず、次は秘奥義にこだわらず、詠唱を止めることを最優先にユニゾンアタックでもしてみようと思います。
それでもダメならいっそレベルを60くらいまで上げて再挑戦、するしかないかも。

« テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[9] | トップページ | 夏秋のゲーム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[9] | トップページ | 夏秋のゲーム »

カテゴリー