« 夏の旅行 | トップページ | テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[4] »

2008年7月 1日 (火)

テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[3]

シンフォニアのキャラが次々と登場。
まだパーティーには加わりませんが、Wiiの画像で彼らを見るのは新鮮です。表情も動きもけっこう良くて嬉しいです。
以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

パルマコスタに着いた早々、リヒターと再会。
リヒターはヴァンガードの一員だとか。でもアリスからエミルを庇ってくれます。
初対面の時、リヒターはエミルを見て何か思うところがあったようなので、そのせいかも知れません。
そして、町の人たちが皆、エミルに違和感を覚えている様子。昔とイメージが違うというのです。たしかに衣装は替わりましたが、それだけのことでここまで言われるのはおかしいです。

ゲーム冒頭、マルタを助けたエミルは、エミル・キャスタニエではなかったのかも。
エミルの母は目が見えなくなっていたので、別の存在を息子だと勘違いしたのかも。
などと予想していますが実際はどうだったのでしょう。

ヴァンガードの詰め所の2階でサンドイッチのレシピを発見。
装備品を整え、アイテムを合成し、仲間の魔物数匹に料理を振る舞いました。

時化の原因を突き止めるため、王朝跡へ向かうエミルたち。
ここで、アリスたちに瞬殺されました。エミルLv12。
操作でどうこうできる気がしなかったので、ここで気分転換に ねこにんのクエストを消化することに。折りしも推奨レベルは12です。

その時点で店に出ていたクエストを、ざくざく消化。
クエスト中でも魔物を仲間にすることができました。
今回、念願のウサギを勧誘成功。
これといった特徴のないステータスでしたが、マスコット扱いで可愛がっています。

クエストをこなしているうちにエミルのレベルが16になったので、あらためてアリスに挑戦。
今度は危なげなく勝てました。

時化の原因である魔物との戦闘中、エミルたちは水に流され、イセリアに漂着します。
ここでロイドの父、そしてリフィル先生が登場。王朝跡ではゼロスくんに会いました。
人間牧場跡へ行ったきり帰らないポール少年を探しに行くリフィル先生。
エミルたちも向かいます。

« 夏の旅行 | トップページ | テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[4] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の旅行 | トップページ | テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[4] »

カテゴリー