« 遙かなる時空の中で4[7] | トップページ | ヘラクレスの栄光~魂の証明~[12] »

2008年6月27日 (金)

テイルズオブシンフォニアーラタトスクの騎士ー[1]

2時間ほどプレイしてみました。
Wiiリモコンとヌンチャクの操作感は良いし、画像も綺麗。ワイド対応なのも嬉しかったです。
Aボタン連打でも何とかなる戦闘(もちろんレベルはノーマル)にも安心できました。

まだまだ序盤もいいところなのでこの先どうなるか分かりませんが、ロイドがすっかり悪役扱いなのが、覚悟はしていても違和感ありました。
あまりにも言動がイメージとかけ離れているので、これは別人なのではないかと疑うほど。
でも、変わりように嫌気がさしてプレイしたくなくなったかといえばそうでもなく、逆に理由が分かるまでちゃんとプレイしなくては、と思わせてくれました。

主人公エミル、もういっそ清々しいほどのへたれっぷりです。
契約してラタトスクの騎士になってからは、戦闘中だけ好戦的になって動きも台詞もがらっと変わりますが、普段はとんでもなく弱気です。
でもそのギャップがなかなか。
将来どんな成長を見せてくれるのか楽しみですが、私としてはこのまま弱気でいてくれても一向に構いません。

モンスターも、チュートリアルに従って2匹捕獲。
名前はデフォルトで付けてもらえます。
彼らは頼れる存在なのでもう少し増やしたいのですが、仲間にする条件をまだ今ひとつ把握していないので2匹のままです。
今作のみの特徴とも言える要素なので、できれば色々な種類を連れ歩きたいものです。

では、一旦ルインへ戻るとします。

« 遙かなる時空の中で4[7] | トップページ | ヘラクレスの栄光~魂の証明~[12] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遙かなる時空の中で4[7] | トップページ | ヘラクレスの栄光~魂の証明~[12] »

カテゴリー