« トリノホシ ~Aerial Planet~[10] | トップページ | トリノホシ ~Aerial Planet~[12] »

2008年5月26日 (月)

トリノホシ ~Aerial Planet~[11]

2周目Aルート挑戦中。
とんでもない島に来てしまいました。
心底、1周目はBルートで良かったです。

4.空白の島

データが一切ない島です。
2年間もの間調査されずにいたのには何か理由があるはずとのことで、1周目はここを避けたのです。

今回その理由が分かりました。
虫の営巣地があったわけではなくて、もっと過酷な現実が待ち構えておりました。
嵐がひんぱんに襲うのです。
そのうえ食料がありません。
ためしに飛び立ってみたところ、風にあおられてまともに飛べやしませんでした。
嵐には合い間があるだろうというカールの言葉を信じて、食事と休憩を繰り返します。
食料23個しか持ってないんだけどなぁと不安になり始めた頃、雨が小止みになりました。
ままよと飛び立つと、なんとか機体をコントロールできます。

南側にある峡谷に入り、せっせと東へ。
食料も渡り鳥も見つからないまま、そのうち嵐が止みました。
晴れたとたん上昇気流が。
舞い上がったところへ虫の襲来。
島中央を横断する山脈を、一か八かで越えてみました。
更にもう一度山を越え、島の東端へ。
でも食料と渡り鳥がいないため、このままでは先に進めません。

ノーチェックだった島の北側に何かあったんだろうなということで、やむを得ずリセット。

ステージ開始からやり直します。
北側に飛び、峡谷に突入。突き当りを左折したところにあるキャンプ地に、渡り鳥がいました。
飛び立って南に向かうと、上空を渡り鳥が飛んでいます。
さっそく友好の声で手当たりしだい隊列に加えました。
そこを右折し、道なりに飛んだ先のキャンプ地で、なにか食べている鳥を発見。
待望の食料「石のようなキノコ」を見つけることができました。
これで、あとは東に向かうだけです。
フリークエストをやっている余力はなかったので、そのまま山脈越えにチャレンジ。

リセット前に越えたのと同じ方法で、なんとか東側へ到達することができました。
このときはちゃんと、東のキャンプ地にイベントマークが。
ここで、様子のおかしかったカールが重い口を開きます。
グライダーの不調です。
Bルートと同様、自分を初期化してグライダーの制御に当てろというカール。
もちろん頑なに拒絶しました。
でもBルートと同様、どんなに嫌がっても最終的にはカールは消えてしまうんだろうなと覚悟していたのですが。
なんとカールが考え直してくれました。
飛行中に喋れなくなっても、消えてしまうよりよっぽどマシです。というかむしろ飛行中は喋らないでいてくれたほうが……

ともかくできる限りグライダーの制御を代行してくれるというカールに安堵しつつ、次の島へ出発です。

そういえば、仲間にした渡り鳥。
はじめ確かに32羽ほどいたのですが、東のキャンプ地に着いたときにはわずか7羽となっていました。
虫に捕食されてしまったのかなぁ。

« トリノホシ ~Aerial Planet~[10] | トップページ | トリノホシ ~Aerial Planet~[12] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« トリノホシ ~Aerial Planet~[10] | トップページ | トリノホシ ~Aerial Planet~[12] »

カテゴリー