« 偽りの輪舞曲[29] | トップページ | 悠久の桜[3] »

2007年9月30日 (日)

ルミナスアーク[1]

今年2月に発売されたDSのS.RPGです。
この冬に次回作が発売されると知り、関心が高まっていたところに破格値情報(旦那からのメール)が。
即、買ってきてもらいました。

つい先日まで楽しんでいた「偽りの輪舞曲」を渋めのセピアとするなら、「ルミナスアーク」は明るいパステルカラーです。
オープニングアニメあり、戦闘後に相手を選んでのアフターブレイク会話あり、その進展によってスチルまで出ます。
中でも私のお気に入りは、イベントバトル後に見ることができる「夕暮れコピン」というモノクロの小話。あのなんともシュールな感じがたまりません。

まだ序盤ですが、ストーリーはなかなか興味深いです。
おそらく「これまで正義と思われてたことは実はそうではなく」という展開だと思うのですが、真実がどのように明らかになっていくのか楽しみです。

戦闘はアクティブターン形式。今のところ簡単です。
攻略に失敗することこそあれ、詰まることはありません。
資金稼ぎもレベル上げもフリーバトルで容易に行えるので、良い装備を揃えてレベルを上げれば順調に勝ち進むことができます。
狭い場所にユニットがひとかたまりになった時など、選択しづらいなどの難点はありますが、最終決定までいくらでもキャンセルがきくという親切設計。
緊張感はあまりなく、安心して戦えるシステムです。

現在第8章まで攻略済。
アフターブレイクはレオンを完了してセシルの段階を進めています。
レオンにもらったオーバーチャージはテオに装備させ、一撃必殺の弓兵になってもらいました。
はじめは悲しいほど非力だった彼は今や立派に主力なので、ヒースのように途中で離脱しないでくれると良いのですが。

« 偽りの輪舞曲[29] | トップページ | 悠久の桜[3] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 偽りの輪舞曲[29] | トップページ | 悠久の桜[3] »

カテゴリー