« 牧場物語 やすらぎの樹[8] | トップページ | 牧場物語 やすらぎの樹[10] »

2007年6月16日 (土)

牧場物語 やすらぎの樹[9]

ようやくタオにプロポーズすることができました。
あと2週間足らずで結婚式です。わくわく♪

今回は、以下、ネタばれ含みます。よろしい方はどうぞ。

タオと結婚するため、女神様イベントを進めるべく、まずはコロボックルに言われた材料を集めます。
今のところレシピが分かっているのは3人。そのうち、比較的集めやすいのはダナとベンです。
2人とも材料に季節の作物が含まれており、タイミングが悪いとまるまる一年待つ羽目になるのですが、さいわい、何種類かの作物を冷蔵庫に入れてあったので、あとはナスかリンゴが手に入ればOKという状況でした。

そこにやってきた春のフリーマーケット。
ここで、クレソンさんがリンゴを出品しています。勢い余って2個買って、あとひとつ揃っていない材料「すてきな香草焼き」を作るぞと魚を釣りました。
ところが、焼いても焼いても、出来上がるのは「それなり香草焼き」。どうやら魚のグレードが低いといけないもよう。
楽勝と思っていた香草焼きに手間取ること数日。やっと焼き上げて、コロボックルのもとに駆けつけました。
すると。
空に虹が架かり、止まっていた風が吹き、海も凪いで、これからは外から移住してくる人が増えるかも?とのこと。

でもここでの最重要点は、虹を渡ってコトリ島へ行けるようになったことです。
これでイセエビが釣れる!
またしても何日かかかりましたが、弁当持参で釣りまくり、夕闇迫る中イセエビをゲット。とって返して、即タオに渡しました。
「先を越されましたね」と言われ、イセエビは無事に受け取ってもらえました。
これで結婚への障害はなくなったはず。
翌日、速攻でタオに「青い鳥の羽根」を突きつけました。
が。
ここでもまた、「頑張ってください」の一点張り。
なにがいけないのか全く分からず、思わず絶望しかけましたが、とりあえずセーブはせずにプレイ続行。
何日か経って、もう一度チャレンジしてみたら、今度はイベントが発生しました。

カラメル滝で釣りをしているタオに羽根を持った状態で話しかけたところ、「場所を移しましょう」と言われ、ダナの樹の下へ連れて行かれました。
そしてプロポーズイベント。よ、良かった〜。
タオの反応も、彼らしくて良かったです。
役場で町長に祝福され、結婚式の日取りは夏の月15日と決まりました。朝から準備があるから遅れないようにだそうです。楽しみv

さて牧場ライフの方ですが。
ダチョウのヒナを買いました。ちょこちょこ走るさまが可愛いです。チョコと名付けましたが、大きくなったら似合わなくなってしまうかも。
「土をねがう土地」を新たに購入。まだ半分しか整地していませんが、これ以上広げても手をかける時間がありません。ここには苗木を全種類3本ずつ植えました。

らくのう祭で、牛のドナドナが優勝しました。
商品を渡すから本日中にお越し下さいとカバラさんに言われて探したのですが、どうにも見つけられず、もらえずじまいでした。もしかして元々もらえない仕様?といぶかりつつ、次は追跡システムを利用します。

あ、タオへのプロポーズが失敗した日、あれはちょうど らくのう祭の当日だった気が。
イベントの日はダメなんですね、きっと。

« 牧場物語 やすらぎの樹[8] | トップページ | 牧場物語 やすらぎの樹[10] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 牧場物語 やすらぎの樹[8] | トップページ | 牧場物語 やすらぎの樹[10] »

カテゴリー