« 牧場物語 やすらぎの樹[10] | トップページ | 牧場物語 やすらぎの樹[12] »

2007年6月18日 (月)

牧場物語 やすらぎの樹[11]

もうじき秋です。仔牛が生まれ、そろそろ動物小屋を増築したいところ。
図鑑もだいぶ埋まってきました。ここまできたら、目指せコンプリート。

仔牛が産まれるという朝、バカラさんが手伝いに駆けつけてくれました。ありがたいことです。
無事に産まれた仔牛にはモナモナと名付け、母になったドナドナにはさっそく次の仔牛を孕んでもらいました。
その数日後、ダチョウのチョコが産卵。
孵化器に直行したところ、小屋がいっぱいだからダメだとのこと。ドナドナのお腹にいる仔牛が、すでに1匹としてカウントされているようです。
早急に増築しなくては。

動物小屋はおめでた続きですが、肝心の主人公はまったく妊娠する気配がありません。まぁ、まだ結婚して間もないのですが。
でもこれ、もし妊娠したとしたら農作業はどうするのでしょう?
旦那が代わりに作業する?
女の子主人公が妊娠中は、旦那キャラを操作できればいいのになと、ふと思いました。

農作業に半日かかるため、釣りや採掘に時間があまりかけられません。
それでも釣りは、自宅前がすぐ海なのでちょっとした隙に釣り糸を垂れることも可能ですが、採掘はなかなか。
銅鉱石が掘り出せないので、道具のグレードアップも進まず。
心ゆくまで掘り進むには、やはり冬を待つしかないのかも。

« 牧場物語 やすらぎの樹[10] | トップページ | 牧場物語 やすらぎの樹[12] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 牧場物語 やすらぎの樹[10] | トップページ | 牧場物語 やすらぎの樹[12] »

カテゴリー