« クラスターエッジ 第6話 | トップページ | 金色のコルダ[10] »

2005年11月 9日 (水)

金色のコルダ[9]

土浦くんの珠玉エンド&街エンド見ました。
にしても、毎回ふらふらと王崎先輩に話しかけに行っちゃうクセをどうにかしたいものです。そのくせ彼のスチルが全然増えないのも、どうにかしたいです。

なんと初日で土浦くんに楽譜を拾ってもらえました。これは神のおぼしめし?と決めつけて、今回のターゲットは土浦くんです。

これまでのプレイで、土浦くんが愁情の解釈を好むことと、恋愛第3段階でラ・カンパネッラを弾けと暗に言われることは分かっています。つまり愁情を上げつつ、ラ・カンパネッラを弾けるくらい技術レベルも上げなくてはならないということ。うっわー厳しい。てなわけで、練習また練習。レベルの低い楽譜には目もくれず、ひたすら弾きまくります。同時にプレゼント作戦を展開。今回はちゃんと好みの服もアクセも買いそろえました。

その甲斐あってか、第3セレクション9日前には継続下校の申し込みが。OKした時の笑顔と、その直後にしまったと言いたげに眉をしかめるところがナイス。土浦くんは硬派なので(月森くんの無愛想と似てるけど、違うんだよなあ)たまにうっかり見せてくれる表情が良いです。

さて、無事第3段階をクリアして、ラ・カンパネッラも上達して、いざ聴かせるぞと弾いたは良いんですが……なにも起こりません。何度聞かせてもダメなので、降参して攻略本のお世話になりました。ああっ、平日限定!しかもライバル度が微妙に足りてないし。このままでは親密度だけが高い時の、街エンドになってしまいます。
街エンドのイベントを起こさないために土浦くんには近づかず、大あわてで愁情上げをしました。どうにか滑り込みセーフ。土浦くん、主人公のあだ名を小声で呟くところがかわいい。最終セレクション前日の下校時にリリから楽譜をもらい、珠玉エンドにたどり着きました。ん〜、満足。

ここで、街エンド回避前のセーブデータを使って、街エンドを見ることを思いつきました。ライバル度を上げないまま話しかけたら、さっきとは違う第4段階が発生、すぐに継続登校になりました。不思議な楽譜もその日のうちにゲット。はじめて楽譜の名前を知りましたよ、「愛のあいさつ」っていうんですね。
ヒマになってしまったので、ラ・カンパネッラの解釈上達度をMAX150に上げたりBPいっぱいかせいでみたり。
そして最終セレクション後、今度は街エンドを迎えることができました。
ああ、やっぱり一度ベストエンドを見てしまうとこれはどうしても物足りない。次もうまいセーブデータが取れたら、先に街エンドを起こすことにしよう。

 回収状況 演奏   96/129
      スチル  45/107
      ムービー 10/16 
      想い出  3/9 変わらず

« クラスターエッジ 第6話 | トップページ | 金色のコルダ[10] »

コメント

ゆきさん こん○○は
ついにPSP版の発売が明日になりました。コルダはプレイ済みのゲームなのに なんでしょう? このわくわく感は・・・。
通販頼みしちゃったのですが ちゃんと発売日に配達されるんだろうか・・・今から心配です(21:00現在 まだ発送完了メールが届いてないから余計に心配)。

で本題ですが・・・つっちー攻略ですね♪ どうでした? いいでしょ?(つっちースキーな私:笑)
土浦くんのみ特別曲が2曲あるので そっちのルートも是非見て欲しいです~。

みやびさん、いよいよ明日発売ですねPSP版v
もしやア○ゾンですか?一度だけ、発売日に来なかったためキャンセルし、店頭に走ったことがありました(確か遙か3)。それまでのゲームは当日朝にきちんと来たんですけど、それいらい私はお店買いに転向したという。
土浦くん!みやびさんのお気に入りとのことで期待していたんですが、期待以上でした!硬派でぶっきらぼうなピアノ弾き、そのギャップだけでもポイント高いのに、主人公の参考になればとコンサートに誘ってくれるなど、さりげない気遣いもバッチリ。
そこへもってきて、珠玉ムービーの台詞の合間に入る独白でノックアウトです。あれはやられたな〜と思いました。
もう一曲というのは逆ポイントの珠玉エンドですね。これまた調整が難しそうですが、がんばってみます!

ゆきさん、こんばんは。
やっと土浦くんのエンディングにたどりつきました~。やり直しを含めて、10週以上したと思います(汗)。でも、やっとパラメータのあげ方と、楽譜と解釈のレベル上げのコツがわかってきたと思うので(遅い)、次からはもうちょっと順調に行くといいなと思います。

ついアンジェのときの癖で、歩いているキャラクターに話しかけたくなってしまうせいで、突発イベントに時間を取られまくって、楽譜練習などがうまくいかないので、最後に逆ポイント狙いでやり直したときは、基本的に土浦くん意外は話しかけないことにしました。それでも解釈を聞かされたせいで、気づかぬうちに親密度が上がってる人に何度か邪魔されましたが、どうにかでした。

次は誰にするか、またがんばりますね~。

Anneさん こんばんは。

エンディング到達、おめでとうございます!
10周とはすごい、1周でもけっこう時間がかかりますよね、このゲーム。
それでも何故か飽きないんですよね、不思議と。

最近は攻略の易しいADVばかりやっているので、気の向くままにプレイしているとどうにもうまくいかない感が懐かしいです。
スケジュール管理とか大変ですが、うまくイベントが発生した時の嬉しさは格別ですよね。
次もまた楽しんでくださいねー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クラスターエッジ 第6話 | トップページ | 金色のコルダ[10] »

カテゴリー