« 金色のコルダ[17] | トップページ | テイルズ オブ ジ アビス »

2005年11月21日 (月)

金色のコルダ[18]

柚木先輩の街エンド、王崎先輩の珠玉エンドを見ました。二人とも着目がBPなので、同時攻略です。累積値がひと目では分からないので、はじめのうちは買ったものを覚えて足し算してました。

いきなり柚木先輩の1-Cを起こすのに失敗し、最初からやり直しました。第1セレクション期間中に彼のライバル値を上げるのは、けっこう大変なんですね。はじめのうちは上達していないからみんな褒めてくれないし。楽譜練習はそこそこに解釈を伸ばし、メガホン使ってBPをかき集めました。楽譜上達度は20台なのに、みんなが「ブラボー」と言ってくれるのはちょっと後ろめたかったです。

そして、ブラック柚木様を格好いいと思う日が、とうとう来てしまいました。
一回目のときは、本音を見せてくれるのが嬉しい反面やっぱり怖かったのですが、二回目はなんかこう、あの見下すような表情とか乱暴な言葉遣いとか、「蹴落とす」とか「引きずりおろす」とか、見れば見るほど良いなあと。かと思うと漆器デートの後は「次があればな」なんて寂しそうに呟くわけですから、たちが悪いですこのお方。
土森君と柚木先輩との対決は見たので、今度は月森くんとの対決を見てみたかったのですが、今回は王崎先輩と二股予定なので見送り。逆ポイントの時の楽しみに取っておきます。

漆器デートの後、子守唄対決があったことを思い出し、大急ぎで練習にとりかかりました。
それまでBPばかり集めていたので、主人公のレベルは低いです。アイテムをフル活用してあちこちレベルアップし、最終セレクションには楽譜レベル100、解釈レベル150のMAXで臨みました。
結果は優勝。柚木先輩をすっきり下して、さあ街エンド、と思ったところが。
あれれ、どうして珠玉ムービーが?
さては勝ってはいけなかったのか、とやりなおし、柚木先輩に優勝を譲ってみたんですが、結末はやっぱり珠玉エンド。なんということでしょう、子守唄対決すると珠玉になってしまうのでしょうか。

仕方なく子守唄をやめ、ロマンス第1番で勝負することに。主人公が未だにこの曲だけ弾けない(想い出の演奏リストに無い)からなのですが、清麗が低かったのでやはりアイテム大活躍。この曲で出たら、ようやく街エンドを見られました。ああ、長い道だった。でも子守唄にも新スチルがあったので、ま、これはこれで良しかと。

次に、途中で放置してあった王崎先輩です。こちらは最後までBPを高い状態に保たなければならないので、楽曲面で新たな境地を開く余裕はありません。最終セレクション初日に戻って、そのとき一番高かった彩華系の「カンタービレ」を選んで、合奏に力を入れました。解釈練習にはメガホン使用。下手なうちはもったいないので、上手くなってから音楽科の学生の群れに突っ込んで使いました。
そして、4-C、4-A、4-Cサブが続けて起きました。持っていないスチルのイベントばかり、理想的な流れです。Aの後にCだったから少し心配でしたが、ちゃんと珠玉エンドになりました。はじめて街並みが見られたような。雰囲気があって良かったです。好きだなあ、王崎先輩。

王崎先輩の第4段階進行中、柚木先輩とは継続下校中でした。王崎先輩と楽しく合奏だの恋愛イベントだのやった後に、ブラック柚木様のお車で家まで送ってもらうという、なんとも罰当たりな今回のプレイでした。

 回収状況 演奏    126/129
        スチル   90/107
        ムービー 16/16 
        想い出   8/9 

王崎先輩のスチル、コンプです。次はどうしようかな♪

« 金色のコルダ[17] | トップページ | テイルズ オブ ジ アビス »

コメント

ゆきさん こん○○は
柚木先輩のブラックな魅力に取り憑かれましたね(笑)。
実は私 まだ月森くんや土浦くんとの対決って見たこと無かったりするんです(PS2版では同時攻略したことなかったので)。今回PSP版で初めて挑戦しようと思っているところです。
王崎先輩の珠玉ED よかったでしょう? でも攻略中の王崎先輩とのイベント後に柚木先輩の車で下校とは・・・実際の出来事だったらかなーり怖い状況ですよね(苦笑)。恐るべし香穂子(笑)。

みやびさん、こんばんは。
対決イベントは、二人をそれぞれ攻略しつくしてから見るともっと面白かったかなと思っています。土浦くんのことを良く知らないうちに見たのは勿体なかったので、これはもういちど見てみたいです。
王崎先輩、とことん癒し系でしたね。いつも利他的なこの人が、主人公が絡むとちょこっとだけ利己的になるところがナイス。
王崎先輩との珠玉コース時は、うっわーこりゃすごいわー、と呟きながらプレイしてました。下校時に待ち合わせた柚木様のお顔を、まともに見られませんでしたよ~(ブルブル)

ゆきさん、こんばんは。
柚木先輩もクリアできました。最初、こういう設定の人(?)だとは思っていなかったので、初めて土浦くんを追いかけていたとき、途中で口調が変わったとき、理解できず、何が起きたのか?と目をぱちくりしちゃいました。で、なんだかよくわからなかったので、「怖い人」と思っていたのですが…。

やっぱり攻略していくうちに、彼の孤独とかやさしいところが見えてきて、これまた素敵に見えてきてしまうという柚木マジック(笑)。実生活でこういう人とはお友達になりたくないですが、架空の世界のキャラとしては、かなり惹かれました。普通はいないタイプのキャラなので、その辺も新鮮でよかったです。

ちなみに私は何人かを追いかけるとうまくいかなくなるので、、対決イベントは見れなかったんです。誰かとエンディングを迎えなくてもいいと腹をくくって、一度見れるように、今度がんばって見たいと思います。

Anneさん、こんにちは。

柚木先輩は怖いですよね。
おっしゃるとおり、現実にこんなタイプの人がいたら、私も極力関わり合いにならないようにすると思います。
架空だからこそ魅力的に思えてくる不思議、ゲームならではですよね。

対決イベントもおもしろいので、ぜひ見てみてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金色のコルダ[17] | トップページ | テイルズ オブ ジ アビス »

カテゴリー