« 金色のコルダ[1] | トップページ | 金色のコルダ[3] »

2005年10月28日 (金)

金色のコルダ[2]

快調にセレクション連覇しています。あとは最終セレクションを残すのみ。このままいけば総合優勝間違いなし!……ってそういうゲームじゃないんですけどね。

第2セレクションは、月森くんに「この曲ぐらいは弾けないと」とか言われた「感傷的なワルツ」で勝負です。解釈は、月森くんの好みとは違うAをあえて選択。解釈上達パラのMAXが100以上あるとは思いませんでした。最高までは高められませんでしたが、難なく優勝。2位の月森くんを200ポイント近く離したので、満足です(いやだからそういうゲームじゃないんだよ)

月森くんに「魔法のヴァイオリンを使うなんて反則だ」みたいなことを言われて、そりゃそうだよなあと「黙る」の選択肢を選んだら、かえって怒らせてしまいました。反論した方が良かったのかな?
にしても、その後すぐにヴァイオリンが壊れて普通のヴァイオリンに持ち替えたというのに、ノーコメントでしたよ彼。あれだけ文句言ってたくせに、気づけよ〜。

第3セレクションは、もうこれしかないでしょう、と思い「遙かなる時空の中で」に決定。キーワードが1つしか一致しなくて不安でした。解釈Aで演奏して、優勝はしたものの、2位の志水くんとはたったの2点差。あぶなかった〜。パラは全部MAX100いってたので、解釈または選曲ミスってなもんでしょうか?

そして、最終セレクションまであと5日です。
曲は「ラ・カンパネッラ」とかいう、難しそうなやつにしてみました。他の楽譜は、集めはしたけどほとんど練習してません。

肝心の恋愛ですが、月森くんの親密度もライバル度も3つしか点灯してません。こりゃあいくらなんでも無理だわー。せっかく毎日いっしょに下校するようになったのにな。この、下校の誘いをOKしたときの笑顔にちょっとやられました。いつも仏頂面の人が笑うとすごいインパクト……

« 金色のコルダ[1] | トップページ | 金色のコルダ[3] »

コメント

ゆきさん こん○○は
私も最初はムキになって全セレクション優勝プレイをしていましたよ(苦笑)。
ライバル度が低くても親密度さえ上がっていれば恋愛EDを迎えることは可能ですので頑張ってください(親密度を上げるのに手っ取り早いのは合奏です)。
「ラ・カンパネッラ」は私的に普通科ピアノ弾きつっちーを攻略する時には欠かせない曲なのです。次回以降土浦氏を攻略する時に是非弾いてみてください。

ああっ、そうなんですか。両方MAXくらいいかないと、恋愛EDにはならないと思ってました。けど、またつい優勝狙っちゃいそうです。
合奏はエキストラの人としかしたことないんです。あとはひたすら月森くんを追いかけ回しては、解釈を聞かせまくってました。ははは…
2周目からはちゃんと計画的に攻略したいと思いますが、さて誰からにしようかな。
とりあえず最終セレクション&ノーマルED、行ってきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金色のコルダ[1] | トップページ | 金色のコルダ[3] »

カテゴリー