« 夏休みに読書 | トップページ | ポケモンXD [3] »

2005年8月 5日 (金)

ポケモンXD [2]

前作ポケモンコロシアムと違って、いつでもどこでもセーブできるようになっていたことに、プレイ二日目の今日気がつきました。そういえば前作ではパソコン探して走り回っていたっけな……これでボスの目の前でセーブもできます(きっと)嬉しいな。

今日は始めてポケモンが瀕死に(>_<) この間までやっていたゲームが、死んだキャラは生き返らないファイアーエムブレムなので、つい癖でリセットボタンを押しそうになりました。そんなことしてたら進みません。
さすがに、相性とかまじめに考えてバトルしなくちゃいけなくなってきました。

  以降ストーリーのネタばれです。よろしい方は下からどうぞ

アゲトで、バトル山のセネティさんに会うように言われます(どれもこれも懐かしい)行くと、いきなり実習生たちとバトルに。セネティさんとの会話後、アゲトでモンスターボールが発売されることになります。めでたい!さっそく買い足します。

コロシアムで壊滅したダークポケモン研究所にあやしい連中が出入りしてるというので、クレイン所長を捜しに行ってみます。ここで六つ子の戦闘員が。連戦ではないので、一人倒しちゃ回復、一人倒しちゃセーブ。右側の入り口を入るとすぐ、回復マシンとパソコンが並んでます。彼らからデルビル、タマザラシ、ヤジロン、メリープ、タネボー、ゴクリンをスナッチしました。可愛いなぁタマザラシ。

さていよいよ内部の攻略です。いつも思うんですが、なんで悪の組織の人たちはこんな入り組んだ使い勝手悪そうな施設で仕事してるんでしょう?ドアを開けたり、エレベータに近づいたりすると、天井から戦闘員が降ってくるのは前作同様です。研究員も向かってきます。この研究所では、イトマル、ドンメル、キバニア、キノココをスナッチ。
リライブも進みます。7匹ゲージが白くなりました。メリープとタネボーはリライブ完了とともに進化。

研究所をすみずみまで歩き回ると、IDカードが手に入ります。カードでドアを開けた先には、さらわれたクレイン所長とシャドー戦闘員ナップス。この人は、記念すべきスナッチ一号、ヒメグマの元あるじです。バトルに勝ってクレインを救出、脱出しようとすると、ここのボス、ラブリナが立ちふさがります。

それなりに強かった。
ボーっとしてたら手持ちポケモンのHPゲージが全部黄色になってしまいました。敵はラブカス、アゲハント、ロゼリア、エネコロロ。エネコロロはダークポケモンです。ロゼリアに吸われたのが痛かったなぁ、見た目は小さいのに侮れんやつ。

勝つと、ポケモン研究所へ強制送還されます。
そしてリライブホール完成。
使ってみました、面白かった。はじめ分かりにくかったのは、説明を聞く前に、乗れと言われて乗っちゃったから。
ダークポケモンと普通のポケモンの組み合わせ方次第でリライブの効率が変わるみたいだけど、いくら効率良いからって主力を置いていくわけにはいきません。ま、戦闘には使わないポケモンたちで腹八分目の稼働をさせてみます。

ダークポケモン研究所で拾ったデータロムを解析してもらうため、懐かしのパイラタウンへ。門番のマサも占い師も健在です。

歩いていたら、リライブホールに普通ポケモン4匹で囲んで置いてきたキノココがリライブ準備完了したとのメッセージが。これは便利、こまめに状態を確認しに行かなくてもいいのね。
リライブセレモニーを行い、キノココのリライブ完了。
さて、ポケモンもいろいろ出そろってきました。どの子を連れて歩こうかな

« 夏休みに読書 | トップページ | ポケモンXD [3] »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休みに読書 | トップページ | ポケモンXD [3] »

カテゴリー