« ポケモンXD [4] | トップページ | ポケモンXD [5] »

2005年8月 9日 (火)

用語解説(ポケモンXD)

このブログを見た、ポケモンXDを知らない友人に「スナッチって何?」と言われて嬉しかった(てっきりゲーム関連の記事はスルーされてると思ってました、読んでてくれてありがとー、藤娘さん♪)ので、今更ながら用語解説です。一応ゲーム取説を参考に、行ってみます。

 
 スナッチ……相手トレーナーのポケモンをゲットすること。普通これやろうとすると「ひとのものをとるのはどろぼう!」と厳しく非難されます。ゲームボーイ版で、対戦相手のポケモンほしさに目がくらんでうっかりボールを投げてしまい、何度このメッセージを喰らったことか。

 スナッチマシン……腕に装着すると、投げたボールで他人のポケモンをゲットできるようになる装置。そういえば私、いままでダークポケモンにしか使ったことないけど、これ通常ポケモンに使ったらどうなるんだろう。今作では「ダークポケにしか使えないように調整する」とクレイン所長が言ってたけど、前作ではどうだったのかしら?試してみれば良かった。

 ダークポケモン……こころを閉ざされたポケモン。ダーク技しか使えず、名前もつけられず、うっかり「気が高ぶってリバース状態になってしまう」と きずぐすりなどを受け付けなくなってしまいます。非常に困ります。なにより、全身がいかにも悪っぽい紫のもやもやに覆われているため、ビジュアル的に「助 けてやるからな」って気にさせられます。

 リライブ……ダークポケモンのこころを開かせること。手間と時間がかかります。どのくらい開いたかはリライブゲージで分かります。こころを開かせ る手段は、バトルに出す、バトル中リバース状態になったところへ呼びかける、連れて歩く(歩数をかせぐ)、コロンでマッサージする、そして今作ではリライブホールという画 期的な装置が加わりました。完全にこころを開くと、通常ポケモンと同じになります。感動的!

 リライブホール……ダークポケモンの回りを最大4匹のポケモンで囲むことで、ダークポケモンのこころを開きます。中でカウンセリングでもしてるの かしら(違)仲間4匹に囲まれて中央高い位置で回ってるダークポケモンを見ると、なんかなごみます。5匹の相性で、リライブの進み具合が変化。

 ポケスポット……このゲームの舞台オーレ地方には野生ポケモンが生息していません(環境が悪いからだって。確かに移動時の背景は常に砂漠)今作から、ポケスポットと呼ばれるポイントにポケまんまを置くと、ポケモンが現れるようになりました。いったい何種類ゲットできるのか、気になるところ(目指せコンプリート)

 ポケモンコロシアム……ポケモンXDの前作にあたる。ゲームキューブ版ポケモンの1作目。主人公が、もと悪の組織の一員だった(しょっぱなでアジトを壊滅させ、スナッチマシンを奪ってたっけ)という設定が、ポケモンにしては斬新でした。今作ポケモンXDはその5年後という設定。あれこれ懐かしくて、嬉しいかぎり。

 語り出すときりがないので、とりあえずこんなとこで。間違ってませんように。

« ポケモンXD [4] | トップページ | ポケモンXD [5] »

コメント

ゆきさん こん○○は(連日スミマセン^^;)

というわけで前作コロシアムでダークポケモンじゃないポケモンにスナッチボールを投げてみました(正確には投げようとした)。
そしたらパートナーの女の子に

「だめよ! その子は 黒いオーラを 出していないわ!」

と怒られてしまいました。やっぱり悪いことはしちゃいけませんね(苦笑)。

みやびさん

 私こそ連日お邪魔いたしまして(汗)こちらの方は連日だろうが連投だろうが全く一向にかまいません(むしろ大歓迎)ので、どうぞよろしくですv

やってみて下さったんですね、嬉しいですvはじめからやり直すのも大変だしなぁ、と諦めていたんです、ありがとうございますー。そっか、ちゃんと規制がかかっているんですね。
XDでは止める人がいないので、メッセージが出ました。
1ターン捨てる覚悟でやってみたんですが、そんなことにならなくて良かったー。

すぐに解説してくれたのに、お礼が遅くなっちゃった(>_<)
なるほど~、へぇ~! の連続。
ゲーマー(憧れを込めた呼び方です(*^_^*))同士の方のお話って面白い! プロだわっ!

藤娘さん

 拙い解説ではありますが、多少なりとも分かってもらえたなら本望ですv

解説書くのは意外にとても面白かったので、この先新しいゲームにはいる時は(頼まれもせんのに)用語解説書きますねー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ポケモンXD [4] | トップページ | ポケモンXD [5] »

カテゴリー